必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ホンマTW757Bアイアン試打評価|ホンマの進化するマッスルバック

ドライバー試打

ハズさないホンマのアイアン

ホンマといえば、パーシモン時代に絶大な人気を博したブランド。その長い歴史は伊達じゃなく、いまだに革新的なクラブを作り続ける、私が一目置くメーカーです。

ドライバーもアイアンも傑作揃いですが、特にアイアンは外れないと言っても過言ではなく、飛び系アイアン、中空、マッスルバック全てのジャンルで素晴らしい製品を作っています。

今回は、2022年モデルのマッスルバックアイアンTW757Bアイアンを試打評価します。

ホンマTW757Bアイアンのデザイン

バックフェースは、中央部分にスリットが入り、ホンマのロゴの右側に彫り込みが追加されました。

TW757BのBは前作TR20B同様、ブレードを意味するのではないでしょうかね。

ホンマTW757Bアイアンの最大の特徴は、このトゥのネジではないかと思います。これ実際に見てみると結構深くて大きく削っていることがわかります。

いかにもホンマのマッスルバックという感じの面構え。TW757Bアイアンはフェースが短めでネック側のスコアラインがネックの近くまで広がっています。

薄い!偉いです!マッスルバックも優しさを演出する時代ですが、ホンマTW757アイアンは一線を超えないので本当に尊い

300yヒッター流”キレ”を最大限引き出すたった5つのコアドリル|リキ@300yヒッターのギアノート|note
実はドライバーよりアイアンが得意です。 これは私のYouTubeやWebサイトを知っているあなたにとっては意外な事実かもしれません。しかし、これが本音であり、飛ばし屋リキはある意味ネット向けの演出だったりします。私は元来アイアンでスコアを作るタイプのゴルファーです。それは過去のデータがしっかりと物語っており、スコアが...

試打データ

TW757B×ダイナミックゴールドHT

ヘッドスピード46.8m/s
ボールスピード59.0m/s
平均キャリー178y
平均トータル186y
平均サイドスピン331rpmフェード
平均バックスピン7418rpm
平均打ち出し角-1.5°
平均打ち上げ角21.0°
最大の高さ46y
落下角度53°
左右ブレ0y

試打データも素晴らしいです。驚くべきは初速の速さです。ホンマTW757Bアイアンのロフトは7番で33°でありながら初速59m/sでした。

シャフトは、新たに採用されたダイナミックゴールドHTというモデルです。このシャフトは良くわかりませんが、普通のダイナミックゴールドと同じようなフィーリングでした。

平均バックスピン量は7400rpmで、ボリュームゾーンは7500rpm付近。集まっているので、弾道の安定感も抜群に良いです。

ホンマTW757Bの打感は?

気になるのは打感でしょう。結論から言えば、最高レベルではないです。TW757Bアイアンはトゥ側のネジにタングステンを使用しています。ネジの一体感を出すためか樹脂パーツも入っています。

ピュアではなく、少し混じりっ気のある打感。柔らかさは歴代のホンマのマッスルバックの中でも最悪ですが、それでも他社のアイアンより劣っているということはなさそうです。

TW757B×モーダス105

ヘッドスピード41.9m/s
ボールスピード55.8m/s
平均キャリー188y
平均トータル202y
平均サイドスピン43rpmドロー
平均バックスピン4001rpm
平均打ち出し角-1.2°
平均打ち上げ角22.3°
最大の高さ43y
落下角度50°
左右ブレ-5y

モーダス105はイマイチ合っていないように思います。ここまで低スピンだと弾道もあがらず、スコアが出るアイアンとは言いにくいし、何よりマッスルバックらしさがありません。

モーダス105はバックスピンに問題こそあれど、弾道はストレートでTW757Bアイアンの安定性の高さを示しています。

高さはかなり低いです。マッスルバックアイアンにここまでの低弾道は求められていないように感じます。

TW757B×VIZARD IB75

ヘッドスピード48.4m/s
ボールスピード60.8m/s
平均キャリー181y
平均トータル190y
平均サイドスピン22rpmフェード
平均バックスピン7449rpm
平均打ち出し角-3.1°
平均打ち上げ角21.9°
最大の高さ51y
落下角度54°
左右ブレ-9y

こちらは、ホンマ純正のカーボンシャフトです。これまではIB85でしたが、重量をやや落としたIB75として登場。カーボンとは言え結構ハードなシャフトなので舐めちゃダメです。IB75は見ての通りTW757Bアイアンとの相性もかなり良いです。

これまた美しいストレート弾道です。TW757Bアイアンを組むのであれば、このVIZARD IBかダイナミックゴールドのような重量級モデルがオススメです。逆に100g前後の重量ではヘッドの動きにばらつきがでやすく、せっかくの安定性を失っているように思いました。

TW757Bアイアンの良さ

TW757Bアイアンはとっても振りやすいです。

モーダス105も標準で選択できますが、ダイナミックゴールドが相性が良かったように思います。ホンマTW757Bアイアンは、癖のない方向性ですのでミスをする時は基本的にトップするくらいなのでスコアを作りやすいアイアンだと思います。

ホンマTW757Bアイアンのイマイチな点

細かいことですが、ロフト体系はいかがなものかと思いました。

ホンマTW757Bアイアンはロフトを1°ずつ立てたことによって、PWが45°になりました。正直マッスルバックで45°のPWは使いにくいのと、ウェッジをたくさん入れなくてはいけなくてもったいないです。

マッスルバックアイアンは飛ばないからこそ下の番手が充実していてシンプルなクラブセッティングに出来るので、それをスポイルしてしまっている感が否めません。

データーチャート

ホンマTW757Bはアイアンとしての素養は備わっていると思います。安定性とスピンは密接に関わり合っていますが、そのバランスは絶妙。飛距離も決して悪くないので、初めてマッスルバックを使う人にも良いかもしれません。

総合評価

ホンマのアイアンとしては凡な評価になるかもしれませんが、TW757Bアイアンは総じて良いアイアンだと考えています。打感は悪くなったし、パッケージングも疑問がありますが、それを差し引いても高評価ではあります。

もはやどのメーカーもマッスルバックを33°にしてしまっており避けられなかったロフト体系なのかもしれませんね。

おススメ度

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
ドライバー試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました