必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

タイトリストTSR3ドライバー試打評価|前作超えとはならずとも良ドライバー

ドライバー試打

今年はどんな仕上がりか

ニュートラルなドライバーを作るのが得意なのがタイトリスト。特にD3の流れをくむTS3、TSi3は名器でした。

2022年モデルはTSR3ドライバーが登場。460ccのフルメタルドライバーで、TSiで採用したATIを引き続きフェースに使っています。そもそも飛距離性能が高いドライバーでしたから伸び代などほとんどないようにも思いますが、逆に言えばそこが楽しみなわけです。

今回はTSR3ドライバーを様々なシャフトを組み合わせて試打してみましたのでそれをもとに評価していきます。

TSR3ドライバー試打評価|タイトリストとしては凡な仕上がり
タイトリストTSR2ドライバー試打評価|至高のドライバーが遂に完成か!
タイトリストTSR2ドライバーの試打評価です。フルチタンの数少ない高性能ドライバーで、タイトリストらしいミスの傾向。スコアを出すことを大前提に作られているからこそ良いドライバーに仕上がるんだと実感しました。TSR2ドライバーはここ数年でも上位に入る素晴らしい性能と仕上がりのドライバーです。

TSR3ドライバーのデザイン

TSR3ドライバーのデザインはよりシンプルになりました。ロゴは小さく、空気抵抗の少なそうなソールです。

ソール後方には可変ウェイトが装着されています。形状はTSi3と同じだと思われます。TSR3になって大きな変更はありません。

5つのポジションが選べます。今回の試打では全てノーマルポジションで計測をしました。

この可変ギミックはコンパクトなのでシャローバックになります。

ヘッドの投影面積は小さめで形状はまさにタイトリスト伝統のもの。絶対に変えないポイントを持っているというのは非常に好感が持てます。

TSR3のロゴは非常に小さいです。

試打データ

TSR3ドライバー9.0°×TSP310(S)

ヘッドスピード55.2m/s
ボールスピード78.4m/s
平均キャリー307y
平均トータル328y
平均サイドスピン440rpmドロー
平均バックスピン2496rpm
平均打ち出し角-0.1°
平均打ち上げ角15.3°
最大の高さ51y
落下角度46°
左右ブレ-31y

TSR3ドライバーは素晴らしい初速性能です。純正シャフトのうち60g台と結構重く仕上がっているTSP310でも平均で78.4m/s、最高で79.1m/sという超高初速。ゆえに飛距離性能も高いです。

ドロー回転がしっかりかかっているのが分かると思います。曲がり幅はやや大きいですが、問題になるほどでもないかなと思います。ドローが強い割にバックスピンがかかるのがTSR3ドライバーの特徴と言えそうです。

安定性は純正シャフトにおいては比較的高いと思いますが、慣れるまでには少々時間がかかったのも事実。誰が打っても簡単に安定するというタイプではありません。最高飛距離はキャリー308yでした。

TSR3ドライバー9.0°×TSP111(S)

ヘッドスピード55.2m/s
ボールスピード78.5m/s
平均キャリー304y
平均トータル324y
平均サイドスピン572rpmドロー
平均バックスピン2571rpm
平均打ち出し角1.9°
平均打ち上げ角15.0°
最大の高さ51y
落下角度46°
左右ブレ-28y

TSR3ドライバーのもう一つの純正シャフトは他社と同じ50g台のTSP111です。こちらの方がややドロー回転が強くなりましたが、曲がり幅が小さいです。これは打ち出し角に影響されています。

安定させるなら、ドロー回転の多いこういったタイプの組み合わせの方が向いていたりします。ちなみに、TSR2ドライバーでもTSP111は良い結果でした。打ち出し角が右に出るのは両者共通なのでこれはシャフト特性でしょう。

弾道の高さは全く同じです。最高キャリーは307y。バックスピン量も同じくらいのレベルではありますが、TSP111の方がよりオートマ感が強いと感じます。

スコアを出すならこちらかなと思います。また、慣れる時間が短いのもこちらです。

TSR3ドライバー9.0°×ツアーAD IZ6S

ヘッドスピード54.1m/s
ボールスピード75.7m/s
平均キャリー298y
平均トータル321y
平均サイドスピン82rpmストレート
平均バックスピン2410rpm
平均打ち出し角1.0°
平均打ち上げ角15.5°
最大の高さ48y
落下角度44°
左右ブレ0y

なぜ今更IZがカタログカスタムに採用されたのかは不明ですが、まぁ私も認める名器シャフトなので良いでしょう。平均キャリーこそ300yを超えませんでしたが、カスタムで300yとべばまぁ悪くないでしょう。

以外にもバックスピンは減らず、最高キャリーも306yと凡。何より初速が伸びていないのでこの組み合わせが合っているとは言い難いかなと思います。

安定していませんがどんな球も打てるという感触はあるので相当な上級者なら気にいる組み合わせだと思います。

ヘッドスピード52.9m/s
ボールスピード75.7m/s
平均キャリー297y
平均トータル320y
平均サイドスピン400rpmドロー
平均バックスピン2264rpm
平均打ち出し角0.5°
平均打ち上げ角15.2°
最大の高さ45y
落下角度42°
左右ブレ-26y

やはりTSR3ドライバーはカスタムがどれもしっくり来ません。捕まるという評価のディアマナTBでダメとなるともはや希望はありません。まぁTSR3ドライバーには素晴らしい純正シャフトが2種類あるので基本は純正がおすすめです。

打ち出し角度こそストレートから右ですが。曲がりはばはそこそこあります。初速が落ちるのでスピン量がちょうど良くても飛ばないという感じですね。

安定性もイマイチです。TSR3ドライバーに合うカスタムシャフトなんてあるんですかね。

TSR3ドライバーの特徴

TSR3ドライバーの特徴をまとめると以下のようになります。

  • 方向性はドロー
  • バックスピンはTSR2よりもやや多く中スピン
  • シャフトは相性がかなり分かれる
  • 純正シャフトで十分

TSR3ドライバーの良いところ

TSR3ドライバーの誉める点は、まずはデザインかと思います。かっこいいです。

このデザインが嫌いな人はいないでしょう。投影面積が小さめで、もはやTSR4は不必要なのではないかと思うくらい。

フェース形状やヒールの出っ張り方、イメージに影響する部分はほとんど前作を踏襲しているように感じました。

TSR3ドライバーのイマイチなところ

正直言うと、扱いにくいと思いました。

決してニュートラルではありません。TS3がニュートラルで、TSi3がフェード系だったので今回はどうなるかと思いましたが、引っ掛けが出るくらいにドローが強いです。

私が期待しすぎたことは認めますが、TSR2とのバランスがこれまでとは変わったのかなと考えています。そうなると納得がいきます。

TSR3ドライバーのセッティング

TSR3ドライバーはエピックフラッシュの左下くらいかと思います。

ニュートラルだったらなお良かったですが、たまにはタイトリストも捕まるモデルを作っても良いかもしれませんね。私は好きではありませんし、TSR2が良く出来すぎているので仕方ない気もします。

組み合わせるシャフトは色々試しましたが、純正を超えるものは見つかりませんでした。

強いて言えばIZと同じニュートラルのモデルが良いかもしれませんが、DIすら合わなかったのでセッティングは難しいと思います。

TSR3ドライバー試打評価|タイトリストとしては凡な仕上がり

データチャート

飛距離はセッティングによってはもっと伸びるかもしれません。なぜなら初速が出るからです。安定性は純正シャフトを使う限りは心配入りませんが、逆球が出るドライバーなので評価は下げました。

総合評価

TSR3ドライバーは、タイトリストのドライバーとしては評価が低いです。

それでも決して悪くもないのですが、今現状TSi3を使っているなら買い替えは非推奨です。TSi2からだったら適度に似ているので試してみても良いかもしれません。

2022年モデルはTSR2が非常によく出来ているので、TSR3を選ぶ人は少ないかもしれませんね。

おススメ度3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
ドライバー試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました