必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

タイトリストTSi4ドライバー試打評価|手懐ければ超強力な相棒になってくれる高初速ドライバー

ドライバー試打

小ぶりヘッドを作り続ける意義

昨今のクラブメーカーは、とにかく大きく、とにかく安定感のあるドライバーを積極的に開発しています。それは、これまでツアー選手向けにクラブを設計してきたタイトリストも同じです。

現行のTSiシリーズでも、460㏄のモデルを3つ展開しています。

そんな中でも、タイトリストは彼らのアイデンティティを忘れていません。今回紹介するTSi4ドライバーは、ヘッド体積430㏄と小ぶりなヘッド。可変ウェイトなど複雑な構造も持たないクラシカルなモデルです。このラインを作り続けることに、タイトリストらしさを感じますね。今後も作り続けて欲しいです。

「JUST GOLFクラブ診断」がリリース!
5つの質問に答えるだけで、自分に合うクラブを診断できる「JUST GOLFクラブ診断」をリリース!私が監修した本格的なクラブ診断です。ぜひお試しあれ。

試打データ

TSi4ドライバー(9°)×ツアーAD DI6S

ヘッドスピード53.4m/s
ボールスピード75.9m/s
平均キャリー299y
平均トータル322y
平均サイドスピン99rpmドロー
平均バックスピン2419rpm
平均打ち出し角-1.6°
平均打ち上げ角14.2°
最大の高さ45y
落下角度43°
左右ブレ-16y

素晴らしい結果だと思います。

サイドスピンは最大でも283rpmしかかからず、基本ドロー弾道となりました。最高飛距離はキャリーで303y

初速性能も高く安定して75m/sを超えています。弾道はかなり低く、超がつくほどの強弾道です。

個人的にベストマッチのシャフトではありませんが、悪くない試打データだと思います。

TSi4ドライバー(9°)×ディアマナDF70S

ヘッドスピード54.5m/s
ボールスピード76.0m/s
平均キャリー300y
平均トータル321y
平均サイドスピン46rpmストレート
平均バックスピン2466rpm
平均打ち出し角-1.9°
平均打ち上げ角16.2°
最大の高さ52y
落下角度46°
左右ブレ-14y

個人的にはTSi4ドライバーにベストマッチなシャフトだと思います。平均キャリーで300yオーバー、最高飛距離はキャリー302yでした。ディアマナDFを組むと、やや打ち上げ角度が大きくなって飛距離が伸ばしやすいです。

サイドスピンはこれまた少なく、ほぼストレートです。非常に安定するので思い切り振れる仕上がりでした。曲がり幅が小さいので、スコアに貢献するドライバーになったと思います。

TSi4ドライバー(9°)×ジアッタス5S

ヘッドスピード54.5m/s
ボールスピード76.3m/s
平均キャリー296y
平均トータル316y
平均サイドスピン6rpmストレート
平均バックスピン2704rpm
平均打ち出し角-3.3°
平均打ち上げ角15.2°
最大の高さ51y
落下角度46°
左右ブレ-19y

弾道が低いのがネックなので少しアンダースペックで組んでみました。やはりTSi4ドライバーにもジアッタスはマッチしました。サイドスピンは最大で49rpmという驚異的なもの。

初速は最高で77.5m/s、飛距離はキャリー304yとなっています。

バックスピン量がやはり増えましたが、飛距離が落ちる程ではありません。セッティング次第ではもっと飛ばせるという可能性が感じられる組み合わせです。

ジアッタスで組むのであれば、打ち出し角度が左に寄ってしまうので、アンダースペックはおススメ出来ません。

各種重量

TSi4ドライバーのヘッド重量は、196gでした。かなり重いと思います。

これが実際に振っている時にもトップでヘッドが垂れてくる感覚がありますので、重心位置的にも重く感じるヘッドだと思います。

そして、ヘッドに装着してあるウェイトは9g。ドライバーようウェイトは3000円くらいで純正品が販売されています。

TSi4ドライバーのデザイン分析

TSi4ドライバーのソールは真っ黒でTSi3と同じカラーリングです。ソールの前方フェース側にウェイトが配置されていて、いかにも浅重心という感じです。

構えると僅かにオープンフェースで、スリーブのポジションを変えるとスクエアになるくらいです。

形状は、シャローバック気味で、完全にお尻が着陸しているわけではありません。構えても特別小さく見えないのはこの辺りが影響しているのでしょう。

TSi4ドライバーのフェースにもTSiシリーズで初採用のATIが使われています。高初速の要因です。

TSi4ドライバーの特徴や癖

TSi4ドライバーの特徴をまとめると以下の6点になると思います。

  • 捕まる
  • インパクトロフトが立ちやすい
  • サイドスピンは少ない
  • 高初速
  • 低スピン
  • 低弾道ではないけど強弾道

タイトリストの他のモデルと比較すると、TSi4ドライバーは、TSi3よりも少し捕まってTSi2より捕まりは弱いです。データで言えば、打ち出しが左になるけどドロー回転が300rpmを超えるほどでは無いというくらいです。

打ち出し角を考えるとB1ポジションでセッティングを考えると良いと思います。

他社製品と比較

このチャートで言えば、TSi4のポジションはM5の左下だと思います。必死で上げようと思わなければ上がりません。捕まりは良いですから飛距離は簡単に出せます。

組むシャフトは、捕まりが弱いモデルが良いです。今回は、DF70Sが良かったですが、DFを選ぶ際はTXか70g台がおススメです。軽いスペックは左にすっ飛びます。ジアッタスでも推奨は6X以上。

60Sで言えばクロカゲXMとレジオフォーミュラM+が良いと思います。あまり右のモデルでも球が上がらなくなるので注意してください。

データチャート

飛距離性能も高く、サイドスピンだけで言えば曲がり幅も小さいですが、この性能を引き出すには非常に高いレベルが求められると思います。正直私でもTSi4ドライバーを打ちこなすまでに2時間半かかっていますので覚悟してください(笑)。

総合評価

色々な意味でTSi4は”価値がある”ドライバーだと思います。

それは、単純に性能が高いことだけでなく、こういったモデルを作り続けることの価値であり、旧式のデザインを最新の製法と素材で作ったことに対する価値だと思います。

誰でも打てるフレンドリーなドライバーではありませんが、長い時間をかけてあげれば、頼れる相棒になることは間違いありません。

おススメ度

https://www.fairwaygolfusa.com/category/select/pid/231692
300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
ドライバー試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました