クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
お得なセット販売

TSi2ドライバー試打評価|タイトリスト独自のチタンで”曲がらない”を極めたTSi2ドライバー

スポンサーリンク
ドライバー試打
スポンサーリンク

タイトリストはフルチタンにこだわり

今や6-4チタンを使うのは当たり前になっており、どこも同じ素材を使うのでカーボンクラウンにして重心設計するのがトレンドになっています。

スピードインジェクションやジェイルブレイクテクノロジーは、フェースの厚さに限界があるために生み出されたテクノロジーであり、素材の進化にはさすがに逆らうことは出来ません。

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

TSiドライバーのチタン

2020年モデルのタイトリストTSi2TSi3ドライバーには、タイトリストが特許を持っているチタンを使用することで、高初速エリアを最大化、プロパー品にも高いCT値の製品を供給することが可能になったとのことです。

今回TSi2ドライバーに採用した素材は2016年にタイトリストが試験的に設計して発売したC16(コンセプトシリーズ)ドライバーのクラウンに採用した素材です。

2016年では、クラウンに採用するのが限界だったようですが、TSi2ドライバーでは、フェースに採用しています。特徴は、以下の通り。

  • 薄くても高い強度を出せる事
  • 薄いのでフェースが軽くなり、深重心&低重心に出来る事

薄くできるということがどれだけ良いか。

薄く強度が出せると、初速が速いエリアを増やすことが出来ます。また、高いCT値を実現できるということは、球離れが早く、スピンが少なくなりやすいです。

多少ではありますが、方向性の改善も期待できるということです。

試打データ

ヘッドスピード52.9m/s
ボールスピード76.7m/s
平均キャリー294y
平均トータル314y
平均サイドスピン415rpmドロー
平均バックスピン2680rpm
平均打ち出し角0.9°
平均打ち上げ角17.2°
最大の高さ56y
落下角度48°
左右ブレ-23y

今回の試打はせっかくなのでカタログカスタムのDI6Sを組んで試打しました。

最大飛距離はキャリー301y、その際のバックスピン量は1798rpmとかなり少ないです。ちなみに、その次、キャリー298yの時は2434rpmでした。

白がTSi2。

TSi2ドライバーの試打データの特徴は、初速の速さと打ち出し角度です。とにかく初速が速く、正直驚きました。平均でも76.7m/sは、エピックフラッシュ並の高初速です。最大値は、78.5m/sで、これはTSi2ドライバーの大きな利点だと考えられます。

 

また、TSi2はフェースアングルがややオープンなので安定して右に打ち出せるので、サイドスピンが多い割には安定します。

白がTSi2。

一球だけ低いのがありますが、これが最大値です。それ以外は、かなり高弾道でした。3000rpmを超えても、初速が出るのでちょっとセコイくらい…

OBになるほどの弾道が出ないので、安心して振れます。思い切り振った時の飛距離性能はTSi2よりもTSi3の方が良いかもしれません。ですが、安心して振れるのでコースでの平均値ではTSi2に軍配が上がりそうです。

TSi2ドライバーのアピールポイント

TSi2はソール部分がグレーだったので、クラウンもこの色だったらいやだなぁと思っていましたが、クラウンは黒。ちなみに、今回TSiシリーズになるに伴い、ロフト角が9.5°から9°になりました。これは、TSiシリーズのフェース素材が軽いためインパクトロフトを保てないことが理由だそうです。

ヘッドはかなり大きく、私が好まない形状をしていることははっきりと言及しておきましょう。とくにヒール側にボリュームがある形状で、所謂高慣性モーメントのドライバーによく見られる形状をしています。

ただ、オープンフェースなのが絶妙に効いていて、構えただけでこのクラブがどんな風に打ってほしいのかを完全に理解することが出来ます。実際、一発目でキャリー299yなので、間違いないと思います。

TSi2ドライバーのデザイン

シャローバックで、かなり長く伸びたクラウンが特徴です。

オープンフェースで、ドロー形状なのに左に引っ掛ける気がしないのがうまく作っていると感じさせます。

フェースが今回のトピックですが、デザインはこうしてみるのと構えるので違う印象を受けます。構えると、中央の表面加工からか、センターポジションが分かりやすくなりアドレスした時の安心感があります。

ひし形を重ね合わせたようなフェースで、なんとざらざらしてるのです。フェースのラインはプリントで完全に溝無しのフェース。打感は、前作からかなり改善されています。

 

打感が良いとまでは言えませんが好みが分かれるほどでは無いので、性能で選びたい方の意思決定の邪魔をすることはありません。

センターマークはTSiの文字が描かれています。

TSi2ドライバー・各種重量

TSi2ドライバーのヘッド重量は194.4gでした。この辺りは前作から継承されています。思い返してみると、917以外はこの重量です。

TSi2ドライバーのバックソールのウェイトは9gです。これは別売りで買えるので、調整可能。この重量を増やせば慣性モーメントが上がりそうな気がしますね。

他社製品との比較

TSi2のポジションはTS3とM6の中間あたりでTS3に限りなく近いです。スピンはほぼ確実にドローではあるものの、打ち出し角度を考慮したらこのあたりになるでしょう。

また、角度により高弾道になっていますがスピンが少なめなのであまり高い位置にもならないと考えています。

組み合わせるシャフトとしては、捕まりが弱い製品だけは避けてほしいです。今回試打に使用したDIは、私としては基本的にニュートラルでどちらかというと捕まると評価しているので、DIが捕まらないと思っている人はそれよりも捕まるシャフトを選べば良いです。

超細かいTSi2ドライバーのお話

今回世界戦略モデルとして、カタログカスタム(所謂”吊るしスペック”、店頭在庫になる物)はツアーAD DIの5Sと6Sです。

これまでのようにその年発売のディアマナなどではなく、かなり前のDIを採用しています。ちなみに、50g台と60g台のSフレックスのみなのでXにすると価格が高くなりますからご注意ください。

データチャート

申し分ないスペックだと思います。私としては、この形状でこれだけ評価しているのはかなり異例。

それだけ、性能で勝ち取った高評価ということになるのは理解してもらえると思います。

語り過ぎたのでまとめますと。

  • 圧倒的な安定感
  • 高初速
  • ドロー顔なのに引っ掛けない
  • やや捕まる

総評

ヘッドサイズの大きさや形状からTSi2よりもTSi3が人気になることは予想できますが、個人的にはTSi2の方が意外性や唯一無二な存在感から評価しています

TSi2はこれまでのタイトリストからは考えられないような形状・デザインですし、球の出方も特異です。それでもなぜかタイトリストらしいと思わせて来るのがなんとも、、してやられたなと思います…

おススメ度

 

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
ドライバー試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました