必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

タイトリストTSi1ドライバー試打評価|軽量ヘッドな爆速ドライバー

ドライバー試打

新ジャンル?のドライバー

TSi1ドライバーは、これの前のモデル、TS1ドライバーの後継モデルです。この1が付くモデルは、とにかく軽量なヘッドとシャフトで、総重量をかなり軽く仕上げているのが大きな特徴です。

国産の軽量ドライバーとはややアプローチが違うドライバーで、シニアやヘッドスピードが低い人に絞っているという感じはせず、あくまで軽くしてヘッドスピードを上げることを狙った設計。

前作では、その軽量さとスピンバランスが相まってキャリー300yを超えたのも記憶に新しいです。2021年モデルでは、新しく採用されたチタン素材で初速性能が上がっていますから期待したいところですね。

超軽量TSi1ドライバー試打評価|超軽量ヘッドで異次元の弾道を!
「JUST GOLFクラブ診断」がリリース!
5つの質問に答えるだけで、自分に合うクラブを診断できる「JUST GOLFクラブ診断」をリリース!私が監修した本格的なクラブ診断です。ぜひお試しあれ。

試打データ

ヘッドスピード55.4m/s
ボールスピード76.3m/s
平均キャリー281y
平均トータル298y
平均サイドスピン432rpmドロー
平均バックスピン3253rpm
平均打ち出し角-4.9°
平均打ち上げ角16.3°
最大の高さ57y
落下角度50°
左右ブレ-48y

ヘッドスピードが55.4m/sと非常に速くなりました。初速は76.3m/sと、インパクトロフトが立ちにくい割には速いと思います。

しかし、バックスピンが増えてしまってあまり飛距離性能は高くありませんでした。最高キャリーも282yなのでイマイチ。

弾道は非常に高く、落下角度も大きいですし、ドロー回転が強すぎて曲がり幅も大きくなってしまいました。

TSi1ドライバーのデザイン

TSi1ドライバーのソールはグレーの挿し色が入るのでTSi2と同じ配色です。

ソールの後ろにウェイトがあって、重心が後ろになっているのが分かります。

シャローバックで、いかにもインパクトロフトが上を向きそうな形状をしています。

フェースにはATI。高初速と広いスイートエリアを実現しています。

TSi1ドライバーはヒール側を削ったような形状で、投影面積は大きいですが、TSi2のようなボリューム感はなく意外とすっきりしています。

TSi1ドライバーの特徴や癖

TSi1ドライバーの特徴をまとめると以下のようになります。

  • ものすごく走るのでリリースが早くなりやすい
  • インパクトロフトが大きい
  • 高弾道
  • ヘッドスピードは簡単に上がる
一番上の特徴が、好みや相性に影響すると思います。

TSi1ドライバーの重量

TSi1ドライバーのヘッド重量は、かなり軽量な185g。

ソール後方のウェイトは9gでした。これはTSi4に付いているウェイトと同じ重さでした。

他社製品と比較

チャートで言えば、G410SFTの右くらいの位置です。

合うシャフトはクロカゲXMから右のシャフトです。ただ、純正でなければこの軽さも活かせないのでカスタムするのは少々もったいないと思います。

全152種のヘッドとシャフトの特性が一気見できるマトリックスチャートはこちら。

https://note.com/gearnote/n/n53c75244faf5

データチャート

ハードヒッターにとっては無用の長物ということが理解できました。前作のように、ハードヒッターでも使える軽量ドライバーを期待していましたが、だいぶ味付けが変更されたようですね。

総合評価

前作が良かっただけに、やや期待外れという感じになってしまいました。

軽量ドライバーとしては、ゼクシオやSIMグローレがライバルになってきます。しかし、これらのドライバーと比較してTSi1ドライバーに特別な利点があるとは思えません。

おススメ度

超軽量TSi1ドライバー試打評価|超軽量ヘッドで異次元の弾道を!
300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
ドライバー試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました