クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング

タイトリストTS4ドライバー試打レビュー|430㏄&低スピンのハードコアモデル

スポンサーリンク
ドライバー試打
スポンサーリンク

タイトリストのウッドがTSシリーズになって4種類のヘッドが全て出そろいました。

 

最初に出たのはTS2とTS3で、これらはどちらも曲がり幅の小さいコントロール性重視のヘッド。そして今回新たにTS1とTS4がラインナップに加わりました。

 

TS1はレビューした通り、超軽量なドライバーでヘッドスピードが上がって飛距離が伸びる仕様でした。

タイトリストTS1ドライバー試打レビュー|高弾道、捕まり強めながらキャリー300y超え!
タイトリストTS1ドライバーの試打レビューです。TS1はキャリーで300yを超える数少ない飛びのドライバーです。270gという超軽量にして超オートマチックの易しいドライバー。シャフトが絶妙でヘッドスピードの最大化に貢献しています。

 

TS4は、430㏄の小ぶりなヘッドで、カスタム専用モデル。数量限定でデータを見る限り易しさは感じません。

 

これまでのモデルでも915D4など“4”を冠したモデルはありました。基本的にはアメリカ市場向けで、国内販売は限定的。

 

TS4は数量限定ではあるものの、その数は全世界合計なので、いつパーツが無くなるかは不明です。

 

早速、試打データから見ていきます。

 

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

試打データ

ヘッドスピード52.8m/s
平均キャリー292y
平均トータル316y
平均サイドスピン65rpm
平均バックスピン2164rpm
平均打ち出し角-2.3
平均打ち上げ角15.1°
左右ブレ-8y

 

最大飛距離は、キャリーで301y、トータル327y。この時のヘッドスピードが53.1m/sで、初速74m/sと、高い数字が並びます。

 

バックスピンは常に2000rpm付近で、サイドスピンも500rpmを超えることはありません。

 

今回試打したのは私のお気に入りのジアッタスを装着した仕様。

 

このシャフトだとややバックスピンがかかりやすいので、ジアッタスで2000rpmに抑えられているのは評価できます。

 

逆に、スピーダーや低スピン系のツアーADシリーズはドロップするかもしれません。ですから、ロフトも含めてテストが必要でしょう。

 

重量

ヘッド重量

ヘッドはTS2、3と同じ重さだそうです。実測だとやや軽かったです(笑)

 

総重量

たしか5Sなので、6Sだと315gくらいになると思います。

 

ヘッドの特徴

ウェイトはソールのフェース側に配置されています。ハードスペックなヘッドはこういった仕様が多いです。以前試打したブリヂストンのXD-3Cも似たような感じでした。

ブリヂストンXD-3C試打データ付き評価|サファイアのような美しさとカーボンクラウン
ブリヂストンXD-3Cという珍しいドライバーを試打しました。460㏄でありながら見た目はかなり小ぶりでかっこいいです。現行のXD-3にもないカーボンの網目が透けて見えるデザインになっています。どんなシャフトでも強弾道が打てるヘッドなので難易度はかなり高いです。

 

ヒットしたところは、フェースのやや上くらいでした。芯に当てるのはあまり簡単ではありません。

 

構えると、その小ささになつかしさを覚えます。ディープで小ぶりなヘッドはRMX118や一つ前のXD-3などがありましたが、TS4の方がさらに一回り小さいです。

 

ミズノプロのモデルSとだいたい同じ大きさです。

 

ネック側のフェースが構えていても見えるような形で所謂古臭いデザインですね。

 

フィーリング

打感はタイトリストらしく硬くて、音は高いです。

 

TS3でも打感は悪かったのですが、TS4の方が芯に当てるのが難しいこともあり、さらに打感は悪く感じます。

 

ただ、ボールに当たった瞬間にヘッドがブレずにそのまま打ち出していく感覚があります。TS2だとややガシャって勝手に曲がり幅が少なくなるのですが、TS4のヘッドはまるで対局。

 

打ったとおりに飛んでいきます。TS3もこのような感触はありましたが、TS4の方がさらにニュートラルだと思います。

カスタムの注意点

 

弾道は、低く抑えられてはいますが、打ち出し角まで低い訳ではないので超低弾道とまではいきません。

 

ただ、何度も言うようにジアッタスでヘッドスピード50超えでこれなので、ヘッドスピードが低い人は出来る限り軽いスペックにすることをおススメします。

 

ロフト角は8.5°、9.5°、10.5°が選択できます。

 

さすがに8.5°を打てる人は多くないと思いますが、どうしても球が吹いて仕方ない方は8.5°でも良いかもしれません。

 

また、シャフトに関しては、あまり低弾道の物はおススメしません。例えばツアーADのPTやスピーダーエボシリーズ、ディアマナBF、RFなどです。

 

逆に、ジアッタスやツアーADのGT、MJ、MTなんかは適度な弾道になると思います。

 

さらに、重量は最高でも60g台でしょう。私でも70g台は組みたいと思えません。

 

データチャート

性能に関しては、おおむね高評価しました。

 

ですが、これをどれだけの人が再現できるかは不明です。おそらく、ほとんどのゴルファーにメリットは無いでしょう。

 

もし、練習場等の試打会で打ったとして、球が暴れなくて印象は良いかもしれません。ですが、それは単にオーバースペックで打ち切れていないだけなのでデータの計測できるところでフィッティングを受けてください。

 

基準としては以前レビューしたM5ツアーと同じ、ヘッドスピード45m/s以上が必要だと思います。

 

ただ、M5ツアーのように捕まらないというわけでは無くニュートラルなので難易度自体はそこまで高くないと思います。

 

総評

腕に自信のある方のみ試打してみてください。

 

タイトリストとしては、TS2やTS3もあるのでかっこよさで選ぶのでなければ、TS4である必要はありません。

 

もしかっこよさで選ぶなら、ミズノプロのモデルSやホンマの455などもあります。

 

打感も悪いので私は好きではありませんが、性能は高いです。

 

おススメ度

タイトリストT100アイアン試打&評価|上級者が求めるものを全て揃えた完璧なアイアン
タイトリストT100アイアンの試打&評価です。名称をAPシリーズからTシリーズにして発売されました。T100はAP2の後継モデルで、番手別重心設計によりブレに強いヘッドになっています。T100はこれから70台を安定して出したい方にはかなりおススメのアイアンです。

ハードコアなタイトリスター向け。

タイトリスト620CB&MB試打評価|超玄人好みの進化形鍛造アイアンシリーズ
タイトリスト620CB&MBの試打評価です。軟鉄鍛造ボディの上級者向けなスペックで、打ちこなすのは難しいものの、前作よりも改善された点がいくつかあり、高評価に繋がりました。セッティングするなら、6番までを620MB、それより長い番手をCBにするのがおススメ。

 

ミズノST200,ST200X試打&評価|良い意味でミズノらしくない高性能ドライバー
ミズノST200,ST200Xの試打&評価です。低スピンで捕まり弱めというミズノプロとは真逆のドライバーです。低スピンなのはフェースの反発が高いことと、カーボンクラウンにして自由度が高くなった重心設計が要因でしょう。ハードヒッター向けなドライバーです。
マーベリックサブゼロドライバー試打&評価|低弾道、低スピン、高飛距離のハードヒッター向け
マーベリックサブゼロドライバーの試打&評価です。ハードヒッターならかなりの飛距離を期待できる例スピンモデル。前作ローグサブゼロに比べるとデザインもすっきりしており、好印象。飛距離性能とスピンのバランスは評価できるドライバーです。
マーベリックドライバー試打&評価|全球300y超えるマーベリックはハイバックと進化したフェースを採用
キャロウェイの最新ドライバー、マーベリックの試打&評価です。曲がりを抑えた新しいフラッシュフェースを採用したドライバー。サイドスピン、バックスピンともに低い値を示し、性能の高さはさすがキャロウェイ。誇大広告だったのはいただけませんが。
SIM MAXドライバー試打&評価|伝統のオートマ感とフェードバイアス
Mシリーズから一新 ここ数年のネーミングから言えばM8として登場が予想されていたテーラーメイドの新ドライバーはSIMと名付けられました。 M6の後継となるのがSIM MAXです。MAXが付くとどうしてもやわなイメージになるの...
テーラーメイドSIM試打&評価|魅力はゼロでも性能はまぁまぁなドライバー
テーラーメイドSIMドライバーの試打&評価です。2020年モデルのテーラーメイドの最新ドライバーを客観的なデータから検証します。フィーリングが残念ですが、飛距離は微量にアップ、フェードでもしっかり距離が出せるドライバーです。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
ドライバー試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました