クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング

タイトリストTS3試打データ付き評価|前作より初速アップ!?のニュードライバー

スポンサーリンク
ドライバー試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

タイトリストから新作

タイトリストには前作900系とVG系の2ラインナップ。VG系は日本向けモデルで、超低重心。

 

一方の900系はハードヒッター向けのヘビーな仕様。今作のTSシリーズはその後継モデルに当たります。

 

重さも純正で312g(Sシャフト)なので、相当振れる人向けな感じ…

さっそくレビューしていきたいと思います。

 

試打データ

ヘッドスピード49.9m/s
平均キャリー287y
平均トータル311y
平均サイドスピン170rpmドロー
平均バックスピン2228rpm
平均打ち出し角-1.2
平均打ち上げ角14.6
左右ブレ+3y

試打結果を見ると非常に優秀なクラブに思えますね。しかし、このクラブは少しでもタイミングが合わないと途端に暴れます。

 

一般的に「操作性が良い」と言われるヘッドはコントロールがシビアです。まさにそんなクラブでした。

 

いつもなら5分くらいで試打を終えますが、これにはてこずり10分くらい滞在してしまいました。

 

TS3のどこがすごいの?

やはり、バックスピンの少なさだと思います。ヘッドスピードが50を超えるハードヒッターにとって最大の敵は吹き上がりです。

 

それは、打ち出し角とバックスピン量に起因します。打ち出し角を変えるのは至難の業なので、出来ればバックスピンで対処したいところ。

 

そんな方にピッタリのクラブでしょう。

 

重大な難点

このTS3、難しすぎです(笑)

 

飛距離は最大で315yなんですが、めったに出ません。それでも、距離をある程度犠牲にして、300yくらいにまとめるのは現実的かと思います。

 

そのためには、念入りな試打とフィッティングが不可欠。時間をかけてセッティングを煮詰めることをおススメします。

 

ちなみに、TSシリーズのスリーブは前作と互換性があるので、今917等をお持ちの方はシャフトをそのまま組み替えることも出来ます。

 

TS3の地味な凄さ

シャフトです。近年、純正シャフトの出来が格段に良くなっています。ですので、純正で組むのが一番良い場合が非常に多いです。

 

トルクは4.0で、中調子。デザインもツアーADのあの感じです。決して軟弱なシャフトではなく、カスタムとして売られていてもそん色ないレベルです。

 

おススメセッティング

TS3でカスタムを組むなら、50g台のカスタムシャフトが良いかと思います。TS3とTS2はヘッド重量がほぼ同じなので、トータル重量は300gを少し超えるくらいになります。

 

50g台のシャフトは店舗に置いてあると思いますので、試打できます。ディアマナやクロカゲなどのハードなシャフトが選べるようになりますよ。

 

ウェイトギミック

ヘッド重量が196gなので、プラス6gを入れると202gまで重くすることができます。

 

逆に、4g軽くすることもでき、総重量は300gほどに抑えることも可能。前作の917ではドローにするためだけにオプションとしてSURE FITウェイトを購入する必要があったのですが、TS3ではマグネットを付け替えることで同じ効果を生むのでコスパが上がったと思います。

 

 

データチャート

スピン量の少なさがとにかくすばらしいです。どのシャフトで打ってもそれは変わりませんでした。一方で難易度の高さは917と同等かそれ以上でしょう。

総評

純正で既にハードスペックです。ヘッドスピード45m/s以下なら純正のSかSRで十分です。それ以上の方はカスタムを推奨しますが、慎重にシャフトを選んでください。

 

でもこれ、フィッティングしたら文字通り「曲がらずに飛ぶ」モンスタークラブになりますよ…

 

価格も前作より少し下がったので是非試打、検討してみてください。

おススメ度

 

TS2もレビューしていますので是非比較してみてください。

タイトリストTS2ドライバー試打データ付き評価|軽量化された易しめタイトリスト
タイトリストの新作TS2ドライバーの試打レビューです。300yヒッターの筆者が試打計測データをもとにTS2の性能を検証していきます。初速は本当に上がるのか、飛距離は伸びるのか、安定感はどうなのか、是非チェックしておきましょう。

シャフト違いのデータもチェック!

ジアッタス試打データ付き評価|サイドスピンが激落ち!
マミヤの最新モデルジアッタスをTS3のヘッドで試打レビュー。どのヘッドにも相性抜群で、サイドスピンが安定して低いので球のばらつきが非常に少ないです。今回の試打レビューでは、計測データをもとにジアッタスの性能を検証していきます。
ディアマナBF試打データ付き評価|低スピン強弾道の叩けるシャフト
ディアマナBFの試打レビューです。TS3の9.5°のヘッドに装着して試打レビューを行いました。スピン量と角度を見事に制御するこのシャフトなら、強弾道が打てるでしょう。伝統の青マナに恥じない素晴らしい性能です。
ディアマナRF試打データ付き評価|捕まえて飛ばす易しいディアマナ
ディアマナRFシャフトの試打レビューです。ヘッドはTS3の9.5°を装着。カスタムの中でもかなり飛距離がでる捕まり系のディアマナ。低いサイドスピンとバックスピンにより純正よりも6y先に飛ばす!
ディアマナDF試打データ付き評価|前より易しい新世代ディアマナ
ディアマナDF60Sの試打レビューです。ヘッドはTS3の9.5°を装着してデータ計測を行いました。ディアマナの新シリーズの飛距離、スピン量、安定性など全てをデータをもとにレビューしています。伝統のハードコアモデルはどう進化したのか!?

 

フェアウェイウッドもあります。

タイトリストTS3フェアウェイメタル試打データ付き評価|600yもツーオン可能?!
タイトリストTS3フェアウェイメタルの試打レビューです。3番ウッドとは思えないほどの安定性と、操作性は必見です。また、ウェイトギミックがより効果的、より良心的に進化していてそこも高評価のポイントです。タイトリストユーザーはぜひチェックしてほしいです。
タイトリストTS2フェアウェイメタル試打データ付きで評価|シャフトで選べる安定感
タイトリストTS2フェアウェイメタルの試打レビューです。日本仕様は二種類のシャフトが用意されており、今回は両方とも試打してみました。弾道の安定感はすさまじく、フェアウェイウッドとは思えない精度を実現します。玄人ゴルファーだけでなく中級者の方も必見です。
タイトリストTS2&TS3ユーティリティメタル試打&評価|ピン狙いのプレーに対応の高性能ハイブリッド
タイトリストTS2&TS3ユーティリティメタルの試打&評価です。TS2とTS3の性能や見た目、フィーリングを比較しながら評価しました。ピンをデッドに狙えるコントロール性と、十分な飛距離がありますし、純正シャフトでも満足のハイスペックハイブリッドです。
タイトリストT100アイアン試打&評価|上級者が求めるものを全て揃えた完璧なアイアン
タイトリストT100アイアンの試打&評価です。名称をAPシリーズからTシリーズにして発売されました。T100はAP2の後継モデルで、番手別重心設計によりブレに強いヘッドになっています。T100はこれから70台を安定して出したい方にはかなりおススメのアイアンです。
タイトリストT200アイアン試打&評価|70台目指すのにぴったりの“ちょうどいい”アイアン
タイトリストT200アイアンの試打&評価です。前作からラインナップされたAP3の後継モデルです。7番のロフトが30°で現代のベンチマークにもなりそうなアイアンです。飛距離、スピン量、方向性の出しやすさなど全体的にちょうどいいアイアンんだと思いました。
タイトリストT300試打&評価|タイトリスト唯一?の易しい飛び系アイアン
タイトリストT300アイアンの試打&評価です。29°のストロングロフトで、鋳造ヘッド、ポケットキャビティの飛び系アイアンです。タイトリストに難しいというイメージがあるなら、このアイアンを打つと覆されると思いますよ。
タイトリスト620CB&MB試打評価|超玄人好みの進化形鍛造アイアンシリーズ
タイトリスト620CB&MBの試打評価です。軟鉄鍛造ボディの上級者向けなスペックで、打ちこなすのは難しいものの、前作よりも改善された点がいくつかあり、高評価に繋がりました。セッティングするなら、6番までを620MB、それより長い番手をCBにするのがおススメ。

 

SIM MAXドライバー試打&評価|伝統のオートマ感とフェードバイアス
Mシリーズから一新 ここ数年のネーミングから言えばM8として登場が予想されていたテーラーメイドの新ドライバーはSIMと名付けられました。 M6の後継となるのがSIM MAXです。MAXが付くとどうしてもやわなイメージになるの...
テーラーメイドSIM試打&評価|魅力はゼロでも性能はまぁまぁなドライバー
テーラーメイドSIMドライバーの試打&評価です。2020年モデルのテーラーメイドの最新ドライバーを客観的なデータから検証します。フィーリングが残念ですが、飛距離は微量にアップ、フェードでもしっかり距離が出せるドライバーです。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
ドライバー試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

  1. […] タイトリストTS3試打レビュー 前作より初速アップ!?のニュードライバータイトリストのニュードライバーTS3の試打レビューです。詳細な計測データをもとにTS3の性能をレビューしま […]

  2. […] この重量帯だとタイトリストTS3、ブリヂストンXD-3、キャロウェイエピックフラッシュサブゼロ、、ローグサブゼロ、ホンマTW747-455があります。 […]

  3. […] タイトリストTS3試打レビュー 前作より初速アップ!?のニュードライバータイトリストのニュードライバーTS3の試打レビューです。詳細な計測データをもとにTS3の性能をレビューしま […]

  4. […] タイトリストTS3試打レビュー 前作より初速アップ!?のニュードライバータイトリストのニュードライバーTS3の試打レビューです。詳細な計測データをもとにTS3の性能をレビューしま […]

タイトルとURLをコピーしました