必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ステルスグローレプラスドライバー試打評価|カーボンフェース第二弾衝撃のデビューなるか

ドライバー試打

カーボンフェース第二弾

テーラーメイドが衝撃的なカーボンフェースのドライバーを発売して早半年。次なるカーボンフェースが登場しました。その名もステルスグローレ。

グローレシリーズが登場した時は完全に独立したモデルでしたが、Mグローレからはメインのモデルの技術を取り入れてきました。これでメインモデルの人気を引っ張ってくることも出来るという一石二鳥。

2022年モデルのグローレはステルスのテクノロジーを搭載してステルスグローレに進化。しかも、昔GとFに分かれていたように再び分岐。

今回はその中でも可変スリーブが復活したステルスグローレプラスドライバーを試打評価していきます。

タイトリストTSR2ドライバー試打評価|至高のドライバーが遂に完成か!
タイトリストTSR2ドライバーの試打評価です。フルチタンの数少ない高性能ドライバーで、タイトリストらしいミスの傾向。スコアを出すことを大前提に作られているからこそ良いドライバーに仕上がるんだと実感しました。TSR2ドライバーはここ数年でも上位に入る素晴らしい性能と仕上がりのドライバーです。
タイトリストTSR3ドライバー試打評価|前作超えとはならずとも良ドライバー
タイトリストTSR3ドライバー試打評価です。タイトリストのフラッグシップモデルであるTSR3ドライバーはコンパクトな460ccのヘッドに、可変ギミックを搭載したフルチタンヘッド。TSR2との棲み分けについても言及します。

ステルスグローレプラスのデザイン

ステルスグローレプラスは可変スリーブです。ソールはカーボンが多く使われており、フレームはアルミ。まさにSIM2の構造にカーボンフェースをはめたドライバーです。

グローレの要素は重量とカラーリングくらいです。テクノロジーはSIM2とステルスの融合ですね。

クラウンはグレーのカーボンで、投影面積は小さいです。SIMグローレと構えた感じは非常に似ています。

こちらがステルスグローレプラスのカーボンフェース。実は面積が10%も大きくなったらしい。10%と言われてもピンとこないのですが、性能への影響が気になります。

アルミフレームの形状はSIM2とは大きく違います。まずはウェイトポートの形。若干ヒール寄りにウェイトが装着されるような形をしています。

分かりにくいですが、ヒール側が膨らむような形状になっていて、ボリュームがヒールに偏っています。

割とディープバックなのも前作から継承。ステルスグローレプラスはフェースが大きくなったとは言いますが、フェース厚(高さ)も増えたのでしょうか。

試打データ

ステルスグローレプラス9.5°×純正シャフト

ヘッドスピード54.0m/s
ボールスピード76.5m/s
平均キャリー295y
平均トータル315y
平均サイドスピン216rpmドロー
平均バックスピン2702rpm
平均打ち出し角-0.8°
平均打ち上げ角16.6°
最大の高さ55y
落下角度48°
左右ブレ-18y

この手の軽量ドライバーは、キャリーで290yが基準です。どうしても私はターゲットではないので仕方なし。ステルスグローレプラスの試打データは、可もなく不可もなくといったところでしょうか。

ステルスグローレ

Mグローレもそうでしたが、歴代グローレは結構ドローが弱いモデルが多いのでステルスグローレプラスがストレート弾道なのも納得です。最高キャリーは302yでした。初速は77.9m/sが最高値です。この辺りはかなり優秀と言えます。

打ち出し角度もストレートに近いですから、ステルスグローレプラスは引っ掛けを防ぐような方向性を付けてあるのだと思われます。バックスピンは多めですが3000rpmは確実に下回る絶妙なラインを演出。抜かりないです。

ステルスグローレプラス9.5°×ツアーAD CQ6S

ヘッドスピード54.6m/s
ボールスピード75.2m/s
平均キャリー286y
平均トータル305y
平均サイドスピン239rpmフェード
平均バックスピン2861rpm
平均打ち出し角-0.8°
平均打ち上げ角16.0°
最大の高さ53y
落下角度47°
左右ブレ11y

せっかく可変なので2022年モデルのシャフトも試してみました。一番良かったのはCQでした。それでも純正には敵いませんのでやはりステルスグローレプラスは純正こそベストマッチと確信しています。

CQは少し捕まるシャフトだと思いましたが、ステルスグローレプラスと組むとなぜかフェードします。初速が落ちたのはシャフト重量が重いからだと考えられます。スピン量は大体同じなので単純なシャフトのマッチングの問題かなと。

ステルスグローレプラスとCQの組み合わせでの最高キャリーは291yです。どちらのシャフトで試打をしても打ち上げ角度が16°を超えましたので高打ち出し中高スピンの特性のヘッドです。

ステルスグローレプラスの特徴

ステルスグローレプラスの特徴を挙げると以下の通りです。

  • ストレートに近い
  • シャフト次第ではフェード
  • スピン量は常に2700rpm強
  • 高打ち上げ
  • 純正シャフトが打ちやすい
  • たまにダフる

ステルスグローレの振り心地

カーボンフェースの圧倒的な利点である軽量フェース。

評価している面ももちろんありますが、振り心地においては気になることもあります。フェースはシャフトからほぼ角度を持たずについているパーツです。

ここが軽くなることでフェースの向きがややぼんやりしてしまいます。これはステルスとステルスプラスで感じたことですが、ステルスグローレプラスでも同様に感じたので確信に変わりました。

ただこれは好みでなんとかなる範疇なので試してみるほかありません。

重心位置の偏り

やたら軽いフレームやボディを使っているドライバーですから、実際に中身がどうなっているかは分かりません。

ステルスグローレプラスは、たまにダフる傾向があります。極端に後ろに重心があるドライバーでよく起こる症状です。そこまでひどくはありませんが、もし重いシャフトにしたいのであれば慎重になった方が良いです。

ステルスグローレプラスのセッティングにおいて、基本的に純正を超えるカスタムはないので重量を上げるカスタムはお勧めしません。

ステルスグローレプラスのセッティング

ステルスグローレプラスドライバーは、スピンが多めでフェードするという稀有な特性。非常に存在価値のあるモデルだと思います。

マトリックスチャートで言えばSIM MAXの左隣。

カスタムは推奨しませんが、組むとしても40g台でパリパリしてる捕まるシャフト。エボ5やZFなんかが良さそうです。

データチャート

ステルスグローレプラスを単体で評価すると別になんてことないのですが、所謂コンセプト勝ちしているドライバーなので需要はありそう。カスタムの可能性があればさらに評価は高いですが、それはかつてのFには敵いません。

総合評価

ステルスグローレプラスはカーボンフェースであることのメリットは特に無い仕上がりでした。別にカーボンフェースでなくても表現出来たのでは無いかと思います。

まぁもちろんこのサイズ感で安定性が出せるのは軽量なフェースのおかげだと思いますが、フィーリングが損なわれているのでトントン。味付け含め、レアなクラブなので見かけたら試打してみてください。

セレクトストア限定商品なので、取扱店舗が少ないのも残念ではあります。

おススメ度3 out of 5 stars (3 / 5)

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
ドライバー試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました