必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ミズノの新作?2021年モデル(予想)のST-X、ST-ZドライバーがR&Aリストに掲載

ドライバー試打

毎年出るモデル

大抵のメーカーは2年おきに新作を発売しますが、テーラーメイドとミズノのSTシリーズは毎年新モデルを発表します。

今回は、まだ2020年の10月中旬なのにR&Aのリストに掲載されたミズノST-X、ST-Zドライバーについての予想記事です。

LINE追加してクラブ診断
シダドルは試打から購入までをご自宅に居ながら体験できる新サービスです。アンケートに答えるだけで、私(リキ)があなたのお悩みに合わせた中古クラブをご提案し、ご自宅に配送、好きな場所で好きなだけ試打して購入できます。もちろん、合わなかったら無料で返却可能です!

大きな変更点は無い

フレーム形状もウェイトポジションもST200シリーズとあまり変わっていません。

強いて言うのであれば、フェース後ろのリブが台形になったくらい。可変スリーブで、ウェイトは中央にピンがある不変タイプに見えます。

重ねて見るとこんな感じ。どう頑張っても重なりませんでしたが、フレーム形状が違うということはこれまでのモデルを見れば考えにくいです。

前作同様であれば、フェースアングルを変更していることが予想されます。これによって、重心位置も変わるのでソールが上になるように置いたときにバランスがとれる場所が変わる要因になるでしょう。

設定ロフトがST-Xが10.5°と12°。

 

ST-Zが9.5°と10.5°です。

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
ドライバー試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました