クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
お得なセット販売

テーラーメイドSIM²ドライバー試打評価|各段に上がった安定性をどう評価するか。

スポンサーリンク
ドライバー試打
スポンサーリンク

SIM²シリーズのフラッグシップ

2021年のテーラーメイドSIM²シリーズは3タイプ全てが国内正規販売されます。この記事で紹介するSIM²ドライバーはテーラーメイドが指定するセレクトショップ限定商品という位置づけで、一般的なゴルフショップでは扱えなくなりました。

セレクトショップは工房併設でクラフトマンがいたり、A級フィッターが在籍している店舗のことを言います。意外と少ないので確認してから試打に行くことをおススメします。

それでは早速、試打データから見ていきます。

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

試打データ

ヘッドスピード55.4m/s
ボールスピード75.8m/s
平均キャリー290y
平均トータル308y
平均サイドスピン40rpmストレート
平均バックスピン2859rpm
平均打ち出し角-0.2°
平均打ち上げ角15.8°
最大の高さ53y
落下角度48°
左右ブレ-2y

結論から申し上げますと、前作よりも飛距離は落ちました。ヘッドスピードが高くなったにも関わらず平均キャリーも、最高キャリーも前作の方が飛んでいました。

SIM²ドライバーでの最高飛距離はキャリーで293y、トータル313y。このときのバックスピン量は2569rpmで弾道は微妙に右のストレート。弾道は右も左も簡単に打ち分けられますが、なぜかフェードの時の方がバックスピン量が少なく飛びます。

SIM²ドライバーの打ち出し角は、ほぼストレート。サイドスピンもほとんどかからないのでニュートラルだと思います。

初速は、最高で77.7m/sと比較的高いですが、バックスピン量が多くてあまり飛びませんでした。

打ち上げ角度が平均で15.8°と相変わらず高いですが、ボリュームゾーンは14.5°くらい。前作よりも平均値は高いですが、ヘッド特性としては全体的に低くなった感じがしました。

SIM²ドライバーとSIMを比較すると

私が感じたSIM²ドライバーとSIMの違いや共通点は、以下の通りです。

  1. 打ち出し角がSIM²の方が右へ
  2. 弾道の高さはSIM²の方が低く
  3. 打感はSIM²の方が金属音ぽい
  4. 方向性は変わらずニュートラル
  5. SIM²は曲がり幅が激減

そこまでガラッと味付けを変えたというよりは、微妙な変化の積み重ねで結果として別物になったような感じだと思います。

確実に進化はしていると思うのですが、「じゃあ、SIMからの買い替えが必要か」と言われれば、必要ないと私は考えています。

SIM²ドライバーのデザイン

SIM²ドライバーのデザイン的な一番の特徴はソール全面がカーボンになったところだと思います。

これにより、発売前には音がますますこもるのではないかと懸念していましたが、不思議なことに、金属音に近づきました。非常に驚きましたね。

SIM²ドライバーのクラウンのカーボンはM5のようにまた黒っぽくなり、シャープに見えるような配慮がされているように思います。

クラウンが黒くなったことと、フェース側のフレームの色が白になったこともあり、コントラストが際立ちます。これによりアドレスした際にフェースの向きをセットしやすくなりました。

もともと、この白いラインがそのためのものだったのですが、「構えやすい」と実感できたのは初めてです。

ソール後方のウェイトは16gで、SIM²シリーズの中で最軽量。それだけ浅重心にしているということでしょう。そうなると理論上は慣性モーメントが小さくなるのに、サイドスピンが少なく曲がり幅が小さいというのは恐ろしいです。

前から見ると、クラウンの丸みが小さくなっていることが分かります。ハイバック構造にウェイトがくっついているようなデザイン。上から見たら普通のドライバー、構造上はソールが長いモデルと似たような特性を持つという良いとこどり

スピードインジェクションがトゥ側に移動したため、フェースには穴が無くすっきりしました。SIMグローレと同じやり方ですね。

地味な改善

前作のSIMでは、振り上げる時の風切り音が気になりました。

SIM²ドライバーではそれが無くなったので普通に振れます。打感や音も含めると、総じて感触が良くなったと言えそうです。飛距離性能の向上は確認できませんでしたが、別に問題になるほど飛ばない訳でもないので、改善されたことが多かったと思います。

他社製品と比較

このチャートの中にSIM²ドライバーを配置するなら、SIMの左下あたりだと思います。

カスタムするなら

SIM²ドライバーはかなりニュートラルなので、特にどのシャフトが合わないということは無いと思います。

ただ、気を抜くと左に飛んでいくことを考えると、テンセイCKプロオレンジ以右のシャフトが適切ではないかと考えています。

フェードの方が安定して飛距離が出せますから、ベンタスとかも良さそう。

データチャート

正直飛距離性能を褒められるほどの飛距離では無かったかなと思います。低スピン系にしてはパッとしない高さの味付けという印象。

ただ、安定性は格段に進化していて、他のSIM²シリーズでも同様の特性を持っていたことから信頼して良いかと思っています。

1つ難点はセレクトショップ限定になって価格が跳ね上がったことです。まぁUS仕様を買えばよいので一応後ろにリンク張っておきます。

総評

再三申し上げますが、SIMから乗り換える必要は無いと思います。

それでも確実にあがった安定性は試打する価値はあるでしょう。打ってから決めればよいかなと思います。

飛距離性能は2021年モデルではエピックMAX LS、2020年ならTSiに軍配が上がりますが、決して悪くありません。

おススメ度

フェアウェイゴルフなら、8°が選択できますし国内で買うよりもかなり安く済みます。安心の正規販売店です。

 

シム2マックスドライバー試打評価|"あの売れたドライバー"にそっくりなサイドスピンレスの超安定ドライバー
SIM²MAXドライバー試打評価です。フルカーボンソール、アルミフレームになり大きめのマイナーチェンジをしたSIM²MAXドライバー。爆売れしたあのドライバーにそっくりなサイドスピンが少ないドライバーです。SIM²MAXドライバー、買いだと思います。
SIM²MAX Dドライバー試打評価|ピンをはるかに超える安定性とスピンバランスの良さ
SIM²MAX Dドライバーの試打評価です。ドローバイアスで多くのユーザーにフィットするだろうドライバーだと思いました。とにかく曲がり幅が少なく安定性が高いです。SIM²MAX Dドライバーはピンを超える安定性だと確信しています。
エピックMAX LSドライバー試打評価|超絶妙な捕まり具合で平均初速80オーバー|最強のエピックマックスLSドライバー
エピックMAX LSドライバーの試打評価です。前作から素晴らしい飛距離性能だったエピックですが、今作エピックMAX LSではより寛容になって飛距離はそのまま!トラックマンでも安定してキャリー300yを超えます。エピックMAX LSは早くも2021年最高のモデルであることは間違いないでしょう。
エピックSPEEDドライバー試打レビュー|マーベリックのようなフレームにエピックの初速性能
エピックSPEEDドライバーの試打評価レビューです。2021年のキャロウェイの新作ドライバーは果たして進化したのか?!エピックSPEEDはその名の通り、スピードアップを図ったパーツが散見されます。その効果などを考察・解説しながら正直に評価します。
エピックマックスドライバー試打評価|進化も退化もしていない、コンセプト違いの派生モデル
キャロウェイの2021年モデル、エピックMAXドライバーの試打レビューです。エピックMAXはマーベリックMAXのようなヘッド形状、重量で登場。エピックマックスがどんなドライバーなのか、飛距離性能やスピン性能から暴いていきます。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
ドライバー試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました