クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
お得なセット販売

SIM²MAX Dドライバー試打評価|ピンをはるかに超える安定性とスピンバランスの良さ

スポンサーリンク
ドライバー試打
スポンサーリンク

SIM²MAX Dがメインに?

SIM²MAX Dドライバーは、テーラーメイドのアスリート向けのモデルにずっとラインナップされていたDシリーズの後継。2021年モデルのSIM²シリーズでは通常の正規販売店で買うことが出来ます。その代わりSIM²がセレクトショップ限定商品になり、販売される店舗が限られることになりました。

SIM²MAX DのDはドローのDともディープフェースのDとも言われていますが、ドローバイアスのウェイトポジションやこれから見てもらう試打データからも分かるように基本的にはドローのDだと思っています。

多くのユーザーにマッチする素性の良いヘッドだと思いますので早速試打データから見ていきましょう。

テーラーメイドSIM²ドライバー試打評価|各段に上がった安定性をどう評価するか。
テーラーメイドSIM²ドライバーの試打評価です。モデル名を大きく変えず継承する形で発売したSIM²ドライバーは、前作よりも確実に上がった安定性が魅力のドライバーだと思います。飛距離性能、方向性など全ての面で比較しながら評価しました。
シム2マックスドライバー試打評価|"あの売れたドライバー"にそっくりなサイドスピンレスの超安定ドライバー
SIM²MAXドライバー試打評価です。フルカーボンソール、アルミフレームになり大きめのマイナーチェンジをしたSIM²MAXドライバー。爆売れしたあのドライバーにそっくりなサイドスピンが少ないドライバーです。SIM²MAXドライバー、買いだと思います。
エピックマックスドライバー試打評価|進化も退化もしていない、コンセプト違いの派生モデル
キャロウェイの2021年モデル、エピックMAXドライバーの試打レビューです。エピックMAXはマーベリックMAXのようなヘッド形状、重量で登場。エピックマックスがどんなドライバーなのか、飛距離性能やスピン性能から暴いていきます。
エピックSPEEDドライバー試打レビュー|マーベリックのようなフレームにエピックの初速性能
エピックSPEEDドライバーの試打評価レビューです。2021年のキャロウェイの新作ドライバーは果たして進化したのか?!エピックSPEEDはその名の通り、スピードアップを図ったパーツが散見されます。その効果などを考察・解説しながら正直に評価します。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

試打データ

ヘッドスピード55.1m/s
ボールスピード77.4m/s
平均キャリー289y
平均トータル308y
平均サイドスピン523rpmドロー
平均バックスピン3028rpm
平均打ち出し角-5.9°
平均打ち上げ角13.2°
最大の高さ47y
落下角度46°
左右ブレ-61y

非常に左に飛んでいくドライバーです。最高飛距離はキャリー292y、トータル311yでした。曲がり幅は大きいですが、弾道を見てもらうと、そんなにネガティブでもないです。

SIM²MAXで非常に少なかったサイドスピンはSIM²MAX Dでは少し多くドローが強くなりました。打ち出し角は平均で約6°ですが、ボリュームゾーンは5°なのであまり変わりません。

SIM²MAX DドライバーのバックスピンはSIM²MAXよりも少し少ないです。まぁ捕まることを考えるとそんなもんかなと思います。

試打データを見た限りはとにかく左に曲がるドライバーという感じなのですが、安定感はあるんです。全て同じところに落下するのでスライサーには丁度良さそう。

SIM²MAX Dドライバーの重量

SIM²MAX Dのヘッド重量は、SIM²MAXよりも0.5g軽い193.5g。M6とかと同じ重さだと思います。

慣性モーメントを大きくしているヘッドはだいたいこのくらいの重量ですね。

ヒール側にウェイト。ブレブレの画像(笑)

SIM²MAX Dドライバーのイナーシャジェネレーターの後方にあるウェイトは22gで、SIM²MAXよりも2g軽いです。

SIM²MAX DとSIM²MAXの違い

ここでSIM²MAX DとSIM²MAXの弾道の違いを見てみます。

赤がSIM²MAX Dで白がSIM²MAXです。

当然より左に飛ぶSIM²MAX Dの方が弾道は低くなります。最近の私の試打データでは珍しく、打ち上げ角が13°台でした。インパクトでロフトが立つほど捕まるということです。

どちらも、弾道は安定しています。これがSIM²MAXで進化している所だと思います。SIM²MAX Dドライバーの弾道は5y四方に収まるという驚異的な物でした。

SIM² MAX Dのデザイン

イナーシャジェネレーターの形状がSIM²MAX DとSIM²MAXでは少し違います。

これは、ドローバイアスを強めるためかなと私は思っていますが、付けるウェイトの重量が違うのも多少影響しているとは思います。

SIM²シリーズの最大の特徴であるアルミのフレーム。これまでドライバーはチタンとカーボンの複合構成だったのに対し、SIM²MAX DをはじめとするSIM²シリーズはアルミとカーボンの組み合わせ。チタンはフェース周辺のみという異端なデザインです。

この画像では分かりにくいですが、SIM²MAXドライバーは若干フックフェースです。ライ角は同じですが、これもドローになりやすいデザイン。

スピードインジェクションをトゥ側から入れているのでフェースの穴は無くなりすっきりしました。

他社製品と比較するなら

このチャートで言うならG410SFTの真下でG410の左上くらいのポジションです。

SIM²MAX Dはヘッドが重くて捕まるのでちょっと特殊な感じがします。190gを切るモデルが多い領域ですからね。

カスタムするなら

まぁ基本的にはノーマルで使うことをメーカーも推奨していますし、私もおススメしません。

ただ、この手のモデルは飛ばすセッティングを作りやすかったりするのでセンター付近のシャフトが相性良いと思います。

データチャート

安定性は気持ち悪いです。私のようなドローヒッターには合いませんが、割合で言えばかなりの人がフィットすると思います。SIM²MAX Dと方向性の合わない自分が打ってこれだけの安定性ですから、合う人が打ったら曲げ方忘れるんじゃないですか?(笑)

総評

コンセプトがしっかりしていて、割り切った設計だと痛感しました。キャロウェイBB B21やホンマGSなどドロー×低スピン領域のドライバーが増えてきました。SIM²MAX Dはそういう意味では歴史もありますしパイオニア的存在と言っても良いのではないでしょうか。

SIM²MAXだけを打った時点では「たまたま安定したのかな」と思ったのですが、SIM²MAX Dを打って納得しました。降参です。ピンを上回る安定性と確信しています。

おススメ度

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
ドライバー試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました