SiM MAX-Dドライバー試打&評価|ドローバイアスのSiM MAX-Dは擦り知らずのドライバー

スポンサーリンク
ドライバー試打
スポンサーリンク

毎回発売されるタイプD

テーラーメイドのドライバーでは、USモデルでタイプDというドロー設計のドライバーが発売されてきました。

日本で正規販売したことはこれまでなかったのですが、今回SiMシリーズでSiM MAX-Dというネーミングで発売となりました。

私は、SiM MAXを捕まらないドライバーと認識しているので、Dになってどの程度変化するのかに注力してレビューしたいと思います。

さっそく、試打データから見ていきます。

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

試打データ

ヘッドSiM MAX-DSiM MAX
ヘッドスピード54.9m/s53.8m/s
ボールスピード76.8m/s74.5m/s
平均キャリー292y285y
平均トータル311y305y
平均サイドスピン425rpmドロー72rpmフェード
平均バックスピン2830rpm2821rpm
平均打ち出し角-5.0°-3.4°
平均打ち上げ角15.4°16.7°
最大の高さ52y53y
落下角度47°47°
左右ブレ-53y-13y

ものすごくヘッドは走るので、ヘッドスピードが上がりました。ただ、体も持っていかれるので、コントロール性はほとんど無いに等しく、最後まで打ちこなすことは出来ませんでした。

 

最大飛距離がキャリー299y、トータル320yでした。

 

SiM MAX-Dのバックスピン量は、SiM MAXよりも少し少なく、ボリュームゾーンで2800rpmくらいでした。

同時に計測したSiM MAXだと3400rpmほど出てしまったので、バックスピンは下がります。

 

ただこれは、単純に捕まるヘッドだからと言った方が正しいかと思います。ドローバイアスのSiM MAX-Dの方が、フェースが閉じるのでスピンは減ります。

その証拠に、打ち上げ角に差が出ています。

 

到達地点が30y以上左になってしまうので、純正シャフトでは正直使い物になりませんが、SiMシリーズをどうしても使いたくて、SiMだと球が上がらない、SiM MAXだと捕まりきらないというユーザーにはドンピシャでしょう。

 

ビジュアルで見る弾道

赤がSiM MAX-D、青がSiM MAXです。

見事に逆球でした。また、弾道の高さはこの通り全く別物。SiM MAX-Dの方が強弾道ですね。

デザインの違い

ヒール側に金属のプレートが装着されています。

あと、若干フェースが分厚い感じがしました。構えた時にボールの高さが合っているか不安になりました。実際違和感があったのでティの高さを変えました。

 

カタログに特に書いてあるわけでは無いので気のせいかもしれませんが。DはディープのDなのか?

SiM MAX-Dが合う人合わない人

SiM MAX-Dを使ってメリットのあるプレーヤーは、まずスライサー。それもかなりのスライサーです。

 

捕まり具合で言えば、JGRやPRGR RS並なので、超捕まります。

ただ、この二つと違って弾道がやたら高くなることはありませんから、ハードヒッターでも使えると思います。

こういった捕まるヘッドに、捕まらないシャフトを組むと思い切り叩ける、飛ぶドライバーが完成するので、今現在SiMを使っていてもっとキャリーを出したいという人にもお勧めできます。

 

ヘッドの性能自体はさすがのテーラーメイドですから、下手な私が打っても飛距離はちゃんと出ます。

 

ただ、バックスピンは決して少なくないです。仮に同じ度数だとして、SiMのウェイトをマックスまでヒール側に動かしたら、SiMの方がバックスピンの少ない強い球になると思います。

よって、本当に低い球を打つなら、SiMやマーベリックの方が向いていると言えそうです。ただ、弾道の高さはイナーシャジェネレーターの先端のウェイトを変える事で調整できます。

データチャート

飛距離性能は高く評価しますが、安定性は正直イマイチです。このくらい捕まる方が、多くのユーザーにとってメリットになるとは思いますが、ドローヒッター向けでは無いでしょう。

 

ややピーキーなので、シャフト選びには注意が必要です。

 

打ち出し角がどうにかなればサイドスピン自体は多くないので、良いセッティングが出来ると思います。可能性を感じさせるヘッドです。

総評

“売れそうなクラブ”だと思いました。

 

試打していて、SiM MAX-Dのようなヘッドはかなりの需要があると感じました。海外モデルで、このバックスピンと捕まりの組み合わせは珍しいからです。

 

最大距離に優れたテーラーメイドがより日本人が使いやすいセッティングで発売するということは非常に意味深いことだと考えます。

おススメ度

SiM MAX-Dをフェアウェイゴルフで買う

他のSiMシリーズはこちら。

テーラーメイドSIM試打&評価|魅力はゼロでも性能はまぁまぁなドライバー
テーラーメイドSIMドライバーの試打&評価です。2020年モデルのテーラーメイドの最新ドライバーを客観的なデータから検証します。フィーリングが残念ですが、飛距離は微量にアップ、フェードでもしっかり距離が出せるドライバーです。
SIM MAXドライバー試打&評価|伝統のオートマ感とフェードバイアス
Mシリーズから一新 ここ数年のネーミングから言えばM8として登場が予想されていたテーラーメイドの新ドライバーはSIMと名付けられました。 M6の後継となるのがSIM MAXです。MAXが付くとどうしてもやわなイメージになるの...
SIM&SIM MAX FW試打&評価|名器Vスチールの名を復活させた最新フェアウェイウッド
Vスチールの復刻盤 SIMとSIM MAXのフェアウェイウッドは2003年デビューのVスチールの名前をソールにプリントしました。 いまだにVスチールを使っている人もいるくらいの名器ですし、かつて使っていた人も多いでしょう。 ...
SIM MAXレスキュー試打&評価|マキロイ絶賛のSIM MAXレスキュー
SIM MAXレスキューの試打&評価です。捕まりを抑えた強弾道なヘッドで、上級者が好む仕様になって登場しました。マキロイや松山もテスト中のSIM MAXレスキューはつい住フェースによって異次元の方向安定性を実現しています。

過去のテーラーメイドの記事

テーラーメイドM5&M5ツアードライバー試打データ付き評価|飛距離性能は評価するが…
テーラーメイドM5ドライバーの試打レビューです。かなりズタズタな試打レビューです。M5ドライバーはより高反発になって、飛距離性能を格段にアップ。しかし、それによってツイストフェースの効果が弱まってしまっているので評価は高くない。今回レビューしたのはM5ドライバーの純正と、M5ドライバー10.5°にジアッタス5Sを装着したカスタムです。
テーラーメイドM6ドライバー試打&評価|M6はM4の安定感を継承し飛距離アップして登場!
テーラーメイドM6ドライバーの試打レビューです。かなり辛口です(笑)。M6は適度なサイドスピンとバックスピンでかなり安定感のある弾道。デザインのかっこ悪さを度外視すればかなり良いドライバーだと思います。試打してみてM6は、飛距離があがり、打感も改善したのが好印象でした。
テーラーメイドP・7TW試打&評価|タイガー・ウッズのために作られた特別なアイアン
テーラーメイド、P・7TWの試打&評価です。タイガーの82勝目を記念して再販されることになったこのマッスルバックアイアンは、フェース裏にタングステンを内蔵。超上級者でも扱いきれないハードスペックですので、腕試しに試打してみてはいかがでしょうか。
テーラーメイドP790アイアン試打&評価|打感の良さと飛距離スピンのバランスが絶妙
テーラーメイドP790アイアンの試打&評価です。二年ぶりにリニューアルしたP790は見た目がすっきりして、打感や性能面は維持。中空充填剤という構造ではあるものの、スピン量や方向性は中上級者向けな感じです。P790アイアンんは飛び系アイアンの中ではバランスの取れた仕上がりでさすがテーラーメイドといった印象。
テーラーメイドP760試打データ付き評価|超本格中空アイアン!
テーラーメイドP760の試打レビューです。中空構造にオリジナル素材「SPEEDFOAM」を充填した上級者向けコンボアイアンセット。ツアープリファードの血をひく超本格アイアンは飛距離も出るし何よりかっこいい!!テーラーメイドの本気をチェックしてみては?
テーラーメイドミルドグラインド2試打&評価|フェースだけノーメッキの激スピンウェッジ
テーラーメイドミルドグラインド2ウェッジの試打&評価です。フェースだけノーメッキ仕上げの良いとこどりなウェッジは、スピン性能の高さとデザイン性の高さが素晴らしい。タイガーやマキロイの意見を取り入れたこのミルドグラインド2は他のウェッジとは一線を画す存在だと思います。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
カテゴリー
ドライバー試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました