必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ローグSTトリプルダイヤモンドS試打評価|角度で高初速を実現する異次元のドライバー

ドライバー試打

ツアー支給モデル

キャロウェイはツアー支給モデルをTAシリアルで発売していますが、ローグではすでにトリプルダイヤモンド、トリプルダイヤモンドLS、そして今回紹介するトリプルダイヤモンドSが発売されています。

ツアー支給モデルは通常のヘッドとは違ったフェースアングルや体積になっていて面白いです。今回はローグSTトリプルダイヤモンドSを他のモデルとの違いも比較しながら評価していきます。

ローグST♢♢♢S試打評価|特徴からセッティングまで徹底解説!ローグSTトリプルダイヤモンドS

ローグSTトリプルダイヤモンドSのデザイン

ローグSTトリプルダイヤモンドSドライバーは、ヘッド体積440ccです。ソールのフェース側にはスクリューウェイトが搭載されています。

実際、ローグSTトリプルダイヤモンドSのヘッド投影面積はかなり小さく見えて、超かっこいいです。ヒール側が絞られているのでよりコンパクトに見えます。

ローグSTトリプルダイヤモンドSのフェース形状は通常モデルとはかなり違っていて、ヒール側に膨らんでいます。

トゥ側も無駄に出っ張っているところが少ないので前方投影面積も小さいです。

ソールは後方が浮いていて、前方で設置していることからも浅重心になっていることが予想されます。トリプルダイヤモンドLSはソールは後方までベタっと着陸していましたね。ディープフェースで、中央あたりまでクラウンが同じ高さになっています。

今回買ったローグSTトリプルダイヤモンドSはTAシリアルで、ロフトは8.5°ですが、実ロフトは7.8°です。

他のモデルと違ってトリプルダイヤモンドSは可変スリーブのところが急激に落ち込んでいて、フェースの高さを強く印象付けます。

この削られた下の部分は他のモデルでは丸くなっていますがトリプルダイヤモンドSは直線です。

試打データ

ローグSTトリプルダイヤモンドS8.5°×アルディラ6S

ヘッドスピード54.6m/s
ボールスピード78.0m/s
平均キャリー310y
平均トータル335y
平均サイドスピン448rpmドロー
平均バックスピン2122rpm
平均打ち出し角-0.9°
平均打ち上げ角14.0°
最大の高さ42y
落下角度40°
左右ブレ-39y

標準で入っていたアルディラの緑色のシャフトです。このシャフトの特性自体はよくわかりませんが、よく捕まった試打データとなりました。平均ミート率が1.43と高いのはロフトが立っているからです。他のローグSTシリーズより初速が速いのはツアー支給モデルだからではないと考えています。

正直このシャフトとローグSTトリプルダイヤモンドSは全然マッチしていないのでこれはまだ序の口。

弾道はかなり低く、スピン量も低いです。ローグSTトリプルダイヤモンドSは、捕まりが良く低弾道になる低スピンな特性と言えそうです。

ローグSTトリプルダイヤモンドS8.5°×ベンタスTR6S

ヘッドスピード54.6m/s
ボールスピード77.5m/s
平均キャリー314y
平均トータル341y
平均サイドスピン522rpmドロー
平均バックスピン1858rpm
平均打ち出し角-0.2°
平均打ち上げ角14.4°
最大の高さ40y
落下角度39°
左右ブレ-43y
ベンタスTRブルー試打評価|圧倒的安定感の新世代VENTUS TR BLUE
ベンタスTRブルー試打評価です。ベンタスの新世代としてTR=ツアーレイテッドの名を冠したベンタスTRブルー。圧倒的な安定性と左に飛ばない安心感があり、ベンタス嫌いの筆者の最高評価を得ました。

トリプルダイヤモンドSが捕まりが強いことが分かったので、捕まらないシャフトを組み合わせて見ました。しかし、なぜかこれが一番引っ掛けました。ドロップ寸前の低スピンで、実用性は皆無。

飛距離こそ平均キャリー314yで最高キャリーも319yですが、ドロー回転が強くて安定感は希薄。打ち出し角度をコントロールしやすいのでOBにはならないかもしれませんが、こんなにギュンギュン曲がるのは意外でしたね。

ローグSTトリプルダイヤモンドSは硬くて低スピンなモデルと組むとこんな風になるのかもしれませんね。

ローグSTトリプルダイヤモンドS8.5°×ベンタスブラック6S

ヘッドスピード54.4m/s
ボールスピード78.0m/s
平均キャリー309y
平均トータル331y
平均サイドスピン119rpmフェード
平均バックスピン2449rpm
平均打ち出し角-0.8°
平均打ち上げ角14.4°
最大の高さ48y
落下角度44°
左右ブレ-4y
ベンタスブラック/VENTUS BLACK試打評価|ベンタスブラックが評価される理由は?
フジクラベンタスブラック試打評価です。US逆輸入のフジクラベンタスシリーズの最高スペック、ベンタスブラックです。マキロイ、ミケルソン、DJがこぞって使うベンタスブラックの魅力とは。

他のローグSTシリーズで抜群の相性だったベンタスブラックを組んでみました。結論としてはローグSTトリプルダイヤモンドSにもドンピシャ。平均ではキャリー309yですが、最高キャリーは325y。素晴らしいです。

そして何より安定感があるのと、ミスをしても曲がらないという点でこの組み合わせは優れていると思います。ローグSTトリプルダイヤモンドSはベンタスブラックと組んでおけば間違い無いでしょう。

バックスピン量は他のシャフトよりも増えましたが、この弾道の高さであればロスなく飛んでいると判断出来ます。サイドスピンは全てフェードで多くても200rpm台と小さい数値を推移しています。

ローグSTトリプルダイヤモンドS8.5°×テンセイプロオレンジ1K6S

ヘッドスピード54.9m/s
ボールスピード78.9m/s
平均キャリー315y
平均トータル339y
平均サイドスピン178rpmドロー
平均バックスピン2292rpm
平均打ち出し角-1.7°
平均打ち上げ角13.7°
最大の高さ45y
落下角度42°
左右ブレ-23y
テンセイプロオレンジ1K試打評価|テンセイオレンジと1Kの良いとこどり
三菱テンセイプロオレンジ1K試打評価です。テンセイCKプロオレンジとテンセイプロホワイト1Kの良いところを併せ持つシャフトです。ハードヒッターにとってこの上なく飛ばしやすいスピン性能と、引っ掛け耐性が素晴らしいです。

捕まらないシャフトが合いそうだと考えたのでテンセイプロオレンジ1Kでも試してみました。こちらも良かったです。最高キャリーは320yで、この時のバックスピン量が2099rpm。

ローグSTトリプルダイヤモンドSはシャフトによって打ち上げ角度が結構変化しやすく、テンセイプロオレンジ1Kでは相当低い打ち上げ角度になっています。

平均初速が最も速いこの組み合わせも相性は良いと思います。初速は常に78m/sを超えました。MAXでは79.3m/s。

ローグSTトリプルダイヤモンドS8.5°×テンセイプロホワイト1K6S

ヘッドスピード54.2m/s
ボールスピード77.7m/s
平均キャリー313y
平均トータル335y
平均サイドスピン33rpmストレート
平均バックスピン2285rpm
平均打ち出し角-1.2°
平均打ち上げ角15.5°
最大の高さ50y
落下角度44°
左右ブレ-9y
テンセイプロホワイト1K試打評価|CKプロホワイトユーザーが解説するテンセイプロホワイト1K
テンセイプロホワイト1Kシャフトの試打評価です。今回は、50S、50TX、70Sを試打してスピン性能や方向性をチェックしました。テンセイプロホワイト1KとCKプロホワイトの違いなんかも含めてお話します。

左に飛びにくいテンセイプロホワイト1KもローグSTトリプルダイヤモンドSと相性抜群。平均飛距離はキャリーで313yのストレート弾道です。

打ち出し角度も真っ直ぐですから、扱いやすいですね。こちらもベンタスブラック同様、ほとんどミスは出ません。ミスしても前に進むのはこちらですかね。

ローグSTトリプルダイヤモンドSのネックである弾道の低さはなぜかこの組み合わせだけ解消されています。打ち上げ角度もしっかりついているので滞空時間が長く、キャリーで310yを切るデータはありません。

ローグSTトリプルダイヤモンドSの特性まとめ

  • 方向性は左
  • 硬いシャフトだと引っ掛け注意
  • 柔らかいシャフトだとスライスする
  • 基本捕まらないシャフトと相性が良い
  • 弾道は低い
  • 低スピン
  • 結構ピーキー
  • とりあえず飛ぶ
  • ロフトは小さく無いほうが良い

ローグSTトリプルダイヤモンドの打感

トリプルダイヤモンドSの打感は独特で、通常のローグST MAXなどのような乾いた感じではありません。普通のが“サクッ”というイメージだとするとトリプルダイヤモンドSは“ぽくっ”という感じです。分かりにくいですね。

ミスヒットした時に敏感にフェースの向きが変わるので、打感もそうですがヘッドの動きもわかりやすいです。要するに、ミスを許してくれる訳ではありませんから古臭い当たり感です。

ローグSTトリプルダイヤモンドSの重量

先程のスペックシートにも書いてありましたが、ヘッド重量は192gでした。これは個体差があると思います。

トリプルダイヤモンドLS(194g)やMAX LSも大体同じ重量でしたね。

他社製品と比較

ローグSTトリプルダイヤモンドSをチャートに落とし込むと、M5の左下あたりになると思います。角度の低さが特に顕著で並の人では打てないと思いました。

組み合わせるシャフトは一番右のエリアがお勧め。最低でもベンタスブルーのラインくらいは右にあるシャフトが良いと思います。

データチャート

ローグSTトリプルダイヤモンドSの飛距離性能は間違いなく最高レベルです。キャリー325yは素晴らしいです。スピン量もシャフトを間違えなければ問題はないと考えています。安定性はピーキーなので評価は低め。

そして何よりローグSTトリプルダイヤモンドSは難易度が高いことに注意しましょう。

総合評価

ローグSTトリプルダイヤモンドSドライバーは、かなり癖のあるヘッドでした。正直ロフト選びは大きめをお勧めしたいくらい低弾道です。超がつくほど高弾道の私が言っているので信じてください。

ただ、傾向としてトゥヒットしてもOBになるほど曲がらない、基本的に低スピンエリアに入りやすいなどハードヒッターにとってはありがたい特性を持っていることも事実なので、その点では高く評価をしています

おススメ度

ローグST MAX Dドライバー試打評価|スピン特性が独特だが需要がある仕上がり
キャロウェイローグST MAX Dドライバー試打評価です。ローグSTシリーズのドローバイアスモデルで、意外なスピンバランスで高評価を獲得。流石のキャロウェイと言わざるを得ない素晴らしい仕上がり。ローグST MAX Dドライバー、おススメです。
ローグST MAX(マックス)ドライバー試打評価|最高レベルの安定性で”軽くても曲がらない”を実現
ローグの復活 キャロウェイは2つのモデルを2年ごとに更新する形で毎年新作を登場させます。2022年のキャロウェイはローグSTシリーズ。2018年に初めて登場したローグは、これまでの流れから、方向性重視に大きく舵を切ったモデルでした。 ...
ローグST MAX LSドライバー試打評価|スコアに繋がるショットを量産できる真面目なドライバー
ローグST MAX LSドライバー試打評価です。一世代跨いで復活したローグSTシリーズの低スピンモデル、ローグST MAX LSドライバーを試打。スコアに繋がるショットを量産できる真面目なドライバーだと思います。

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
カテゴリー
ドライバー試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました