スポンサーリンク
300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ロマロRay-v V2 455ドライバー試打評価|意外性溢れる良ドライバー

ドライバー試打
スポンサーリンク

ノーマークの地クラブ

私は地クラブのドライバーにあまり興味がなく、これまでも試打はしても記事にすることはほとんどありませんでした。しかし最近では地クラブドライバーでも可変スリーブを採用したりと技術的進歩が目覚ましいです。

今回は「学芸大ゴルフスタジオ」で試打させてもらったロマロRay-v V2 455ドライバーを評価していきます。ロマロのフラッグシップモデルはV2の455と435の2種類があり、どちらもコンパクトな投影面積のイカしたドライバーです。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

ロマロRay-v V2 455ドライバーのデザイン

ロマロらしいデザインです。模様はキラキラしていますが、形状だけに注目すると結構シンプルな曲線で出来ています。

ソールの両サイドに2つずつウェイトが配置されており調整が可能です。

ロマロRay-v V2シリーズはカーボンクラウンです。カーボンファイバーの編み目はやや大きめです。このサイズ感でカーボンクラウンというのが意外です。

構えるとこんな感じです。これは見事。ブリヂストンB-Limited 415と似たようなフェースアングルです。このフェース形状でここまで綺麗なストレートは中々見ることが出来ません。ちなみに、ロマロRay-v V2 455ドライバーは全てがこのようなフェースアングルではないらしく、私が試打をさせてもらった学芸大ゴルフスタジオが“なるべくスクエアなもの”をオーダーしているからだそうです。

グリップもロマロオリジナル。質感や凹凸の感じはSTMっぽい感じでした。ねっとり系です。

試打データ

ロマロRay-v V2 455 9.5°×スピーダーNXブラック60S

ヘッドスピード--m/s
ボールスピード76.8m/s
平均キャリー300y
平均トータル320y
平均サイドスピン262rpmドロー
平均バックスピン2582rpm
平均打ち出し角-0.4°
平均打ち上げ角13.9°
最大の高さ39y
落下角度44.4°
左右ブレ-20y

GC4での計測なので高さが少し低めに出ているのと、ボールもいつものV1xではないのでやや初速が低めな可能性があります。それでも平均で77m/s近い高水準の初速は高評価せざるを得ません。平均キャリーは300yで、最高キャリーは304yです。この時のバックスピン量が2391rpmでした。

ロマロRay-v V2 455ドライバーはやはりあのサイズ感が試打データにも現れています。それは打ち出し角度です。コンパクトなヘッドで右に打ち出せるのでこれはコントロール性に繋がってくるでしょう。

ロマロのドライバーは実は初めて打ちましたが、様々な発見があって面白かったです。

ロマロRay-v V2 455ドライバーの良い点

  • 飛距離性能が高い
  • スピン設計が絶妙
  • 優れたデザイン
  • 意外なほど高い安定性
  • 心地よい打音

ロマロRay-v V2 455ドライバーのイマイチな点

  • 試打環境が限られる
  • ソールデザインがクサい

ロマロRay-v V2 455の安定性

確かに飛距離はすごく良かったわけですが、10球ほどの試打の中でOBになるような曲がり幅の弾道が無かったというのは特筆すべき点です。

455ccとはいえ投影面積が小さいディープバックスタイルなので安定性など気にしていなかったのですが打つほどに「こいつ曲がる気無いな!?」と感じました。構えた感じはB-Limited415に似ていますが、安定性はロマロの圧勝です。

控えめな打感

ロマロRay-v V2 455ドライバーは打感が良いです。もはやドライバーの打感を語らなくなるほどに最近のドライバーの打感は壊滅的ですが久々に良打感のモデルに出会いました。

数年前だと打感が良いドライバーは初速がイマイチだったりしましたが、見てもらった通りRay-v V2 455は初速もしっかり出ます。打感は少し柔らかめで、音はカーボンクラウンの味付けが濃いです。こもるほどではありませんが、乾いた打音が印象的でした。

他社製品と比較

ロマロRay-v V2 455ドライバーはやや捕まる中低弾道ですから、マトリックスチャートではマーベリックの当たりです。

このポジションは名器も多いですし、基本的に捕まるモデルの方が多くの人が距離を出せるので良いポジションと言えます。

組み合わせるシャフトは、ストレートかやや捕まるくらいが良いでしょう。スピン量は少なめなものがおススメです。

データチャート

安定性はカンストです。このサイズでこの安定性ということに大きな価値があると思います。スピン量もちょど良いですし、そしてやさしいです。ドロップの心配はないのに適切なスピン量になるのがこのドライバーの完成度の高さを表しています。

総合評価

良いドライバーです。もう一つ435ccのモデルもあるのですが、そちらもそのうち試打評価してみたいと思います。ただ、正直この安定性と小さめの見た目の組み合わせは絶品なのでこれで私は満足です。

地クラブドライバーはバハマ以外飛ぶ印象はなかったですが、そろそろアップデートしなければいけませんね。

おススメ度5 out of 5 stars (5 / 5)

ギアノートの全てがこれで分かる
300yヒッターのギアノートはこれを作るためにあると言っても過言ではありません。ドライバーヘッド、シャフトを同じ指標で一気見することでより理解が深まるだけでなく、シャフト選び、ヘッド選び、セッティング考察全てにおいて私と同じレベルに到達することが可能です。私はこのコンテンツを生涯をかけて更新し続けます。
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
中古クラブを串刺し検索!
あらゆる中古クラブECを一気に検索できる「Turf Mate」。複数のECサイトで毎回異なる条件設定に苦労するのはもう終わりです。”Turf Mate”は中古クラブ選びの強い味方です。
カテゴリー
ドライバー試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました