スポンサーリンク
300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

Qi10LSドライバー試打評価|性能だけなら評価しても良い

ドライバー試打
スポンサーリンク

テーラーとしては初?の“LS”

テーラーメイドのラインナップは非常にシンプルで、ツアープレーヤー向け、アマチュア中上級者向け、アベレージ向けの3種類を展開します。

2024年モデルのQi10シリーズは最上位モデルにLSの名を冠しました。これまではプラスとか無印(SiM2)、M5のように別のネーミングでした。LSというとキャロウェイのモデル名でよく用いられるわけですがそれをテーラーメイドが採用したことに若干の驚きを覚えます。

この記事では複数のシャフトでの試打データをもとにQi10LSドライバーの特徴を探っていきます。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

Qi10LSドライバーのデザイン

ソール前方の可変ウェイトは継承。センターのネジの位置が固定されていてウェイトが動くようになっています。

ソールの形状はステルス2プラスから大きく変わった印象はありません。

カーボンフェースは濃い青になりました。これまで通り表面はPU加工してあるのでボール痕はこのようになります。

構えるとこんな感じ。これスクエアじゃないです。シャフトとフェースの関係が変なので、非常に構えにくいです。これまでQi10のご先祖様であるドライバーたちはやや開いているモデルも多かったのですがQi10はフックフェースです。何店舗か回りましたがどの個体もこのようなフェースアングル。

ディープバックなスタイルは継承。この見た目は前作とほとんど変わっていないように思います。ウェイトの張り出しがかなりあるので抵抗が大きくなりそう。

試打データ

Qi10LSドライバー 9°×純正シャフト(S)

ヘッドスピード53.7m/s
ボールスピード76.8m/s
平均キャリー310y
平均トータル334y
平均サイドスピン431rpmドロー
平均バックスピン1979rpm
平均打ち出し角-2.7°
平均打ち上げ角15.1°
最大の高さ44y
落下角度41°
左右ブレ-49y

まずは純正シャフトです。今回Qi10LSドライバーには新しいディアマナデザインの純正シャフトが採用されています。パラダイムAiスモーク♢♢♢のように全フレックス60g台ではなく、今回試打したSシャフトだけ60gになっています。

かなり強くドローすることがあります。画像は2球しか残っていませんが、最高キャリー312yの弾道はスピン量1945rpmで悪くないバランス。曲がり幅も問題ありませんでした。

打ち上げ角度はドロップの弾道が平均を下げているような感じです。綺麗に当てられれば15.5°前後を推移します。それでもやや低めではあります。平均キャリー310yというのは高評価の基準なので素晴らしい結果でした。

Qi10LSドライバー 9°×ツアーAD VF6S

ヘッドスピード53.1m/s
ボールスピード75.7m/s
平均キャリー299y
平均トータル321y
平均サイドスピン191rpmフェード
平均バックスピン2400rpm
平均打ち出し角-4.7°
平均打ち上げ角14.6°
最大の高さ46y
落下角度43°
左右ブレ-12y

Qi10LSドライバーと同時投入されたツアーAD VFを組んでみました。初速はややばらつきますがスピンは少し増えてドロップの心配がほとんどありません。弾道は予想に反してフェードでした。

ツアーAD VFはドローもフェードも出ますが、純正シャフトでの弾道を見るとドローすると予想されたので意外です。これはLSじゃないQi10でも起こった現象ですが、Qi10LSは確実にフェードなので捕まりは弱くされていることが分かります。

フェードなので打ち出し角はかなり大きく左、打ち上げ角度も低いです。最高キャリーは301yと伸び悩みますがフェードでキャリー300yを安定して打てるのは魅力かもしれませんし、Qi10との棲み分けもしっかりしています。

Qi10LSドライバー 9°×ディアマナWB63S

ヘッドスピード52.3m/s
ボールスピード75.6m/s
平均キャリー308y
平均トータル334y
平均サイドスピン213rpmドロー
平均バックスピン1956rpm
平均打ち出し角-3.6°
平均打ち上げ角14.7°
最大の高さ41y
落下角度39°
左右ブレ-37y

低スピン系のディアマナWB63Sとの試打でもドロップがよく出ます。平均だけで見るとかなり低スピンな仕上がりに思えますが、うまく当たるとスピン2100rpmほどでキャリー311yでした。

Qi10LSドライバーは打ち出し角を右にするのが難しい代わりにドローもフェードも打てるセッティングを作れるということが挙げられると思います。

打ち上げ角も小さいです。純正シャフトの時点でドロップがたまに出るので低スピンの高重量シャフトを安易に組むのはおススメ出来ません。普段トップ気味で当たりやすい人ならアリかもしれませんが。

Qi10LSドライバー 9°×ディアマナWB53S

ヘッドスピード52.3m/s
ボールスピード75.2m/s
平均キャリー301y
平均トータル325y
平均サイドスピン59rpm両方
平均バックスピン2138rpm
平均打ち出し角-3.2°
平均打ち上げ角15.0°
最大の高さ44y
落下角度42°
左右ブレ-15y

Qi10同様、Qi10LSドライバーでもディアマナWB53Sの結果は面白かったです。こちらも決して飛んでいるとは言えませんがドローとフェードを簡単に打ち分けることが出来ました。

ドローでの最高キャリーは306yで、この時のスピン量は1753rpm。ややドロップ傾向ではあります。

フェード弾道での最高キャリーは307yでこちらも低スピンでした。どうしてもディアマナWBでは初速が落ちてしまいますので純正と同じくらいの重量になる50g台が結果としては馴染んでいると思いました。

Qi10LSドライバーの良い点

  • フェードもドローも打てる
  • コンパクトな形状
  • 飛距離性能が高い
  • 低スピン、低弾道にしやすい

Qi10LSドライバーのイマイチな点

  • 低スピンすぎる
  • 構えにくい
  • 初速が出なくなるくらい打点が高い
  • 高重量シャフトとの相性がイマイチ

Qi10LSドライバーのセッティング

Qi10と比べると確実に捕まりは弱い感じがします。ただ、スライスが頻発するほどではないと思うので、センターラインのやや右あたり。

組み合わせるシャフトは捕まりが弱いモデルの50g台などです。特に低スピンで打つのが得意でないトップ気味の人なら、シャフトの高さは気にしないでも良いと思いますし、重量も重くしてOKです。

データチャート

飛距離性能は高評価です。一方でドロップするので安定性がイマイチ。方向安定性は上手い人なら出せるくらいに思ってください。何も考えなければ両方に曲がる可能性を持っています。

総合評価

Qi10LSドライバーは確かに名前の通り低スピンなドライバーでした。

ただ、私としては面構えがフックに見えてしまってグリップしにくく、結果として気持ちよく振れませんでした。性能は良いけどフィーリングや感性に訴えかけてくる部分で評価を落としています。

おススメ度3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)

パラダイムAiスモーク♢♢♢ドライバー試打評価|あり得ない組み合わせなのに成立する凄さ
パラダイムAiスモークトリプルダイヤモンドドライバーを試打評価します。異常なオープンフェースとフェードバイアスなのに打っているとなぜか馴染む不思議なドライバーです。デザインのダサさを除けば300yヒッターが使うべきモデルと言えます。
パラダイムAiスモークMAXドライバー試打評価|改悪にも程がある
パラダイムAiスモークMAXドライバーを試打評価します。アマチュアの打点を攻略したAIスマートフェースが、弾道を最適化してくれるというコンセプト。今回は様々なシャフトと組み合わせてパラダイムAiスモークMAXドライバーの正体を暴きます。
ギアノートの全てがこれで分かる
300yヒッターのギアノートはこれを作るためにあると言っても過言ではありません。ドライバーヘッド、シャフトを同じ指標で一気見することでより理解が深まるだけでなく、シャフト選び、ヘッド選び、セッティング考察全てにおいて私と同じレベルに到達することが可能です。私はこのコンテンツを生涯をかけて更新し続けます。
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
中古クラブを串刺し検索!
あらゆる中古クラブECを一気に検索できる「Turf Mate」。複数のECサイトで毎回異なる条件設定に苦労するのはもう終わりです。”Turf Mate”は中古クラブ選びの強い味方です。
カテゴリー
ドライバー試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました