スポンサーリンク
300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

パラダイムドライバー試打評価|エピックフラッシュは超えていない

ドライバー試打
スポンサーリンク

名前が変わったモデル

よく私はモデル名が変わることに大きな意味があると言いますが、それは革新的なテクノロジーやアイデアが盛り込まれたモデルが新しい名前で発売されるからです。

2023年モデルのキャロウェイパラダイムは年式的にはエピックのラインの後継モデルで、新たなボディ構造を持ったモデルです。この記事ではパラダイムシリーズの中間モデルであるパラダイムドライバーを試打評価していきます。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

パラダイムドライバーのテクノロジーとデザイン

パラダイムドライバーはブルーの配色が上品なデザイン。ソールからクラウンにかけて輪のような形をしたカーボンボディになっています。

このソール部分はフォージドカーボンと言っていますが、カーボンってフォージドになるもんなんでしょうか。よく分からないネーミングです。大理石のような模様は一部店舗に導入されているビッグバーサドライバーと同じです。

クラウンはこれまで通りカーボンファイバーです。ソールとクラウンの繋ぎ目がどうなっているのか気になります。

パラダイムドライバーはシリーズ内唯一のスライディングウェイトを持つモデルです。ローグSTのソールの後方が可変になったようなイメージで、ソール形状はローグSTに似ています。

パラダイムドライバーのフェースはタイトリストTSRシリーズに似ています。センター部分がザラザラしています。デザインを見て分かる通り、パラダイムドライバーでやっていることはSIM2でやったことと同じであり、何も新鮮ではありません。革新的とは程遠い見慣れたテクノロジーでした。

試打データ

パラダイムドライバー9°×純正ベンタスTR(S)

ヘッドスピード52.7m/s
ボールスピード75.7m/s
平均キャリー306y
平均トータル331y
平均サイドスピン267rpmドロー
平均バックスピン2013rpm
平均打ち出し角-2.4°
平均打ち上げ角14.6°
最大の高さ42y
落下角度40°
左右ブレ-34y

パラダイムドライバーの純正シャフトはベンタスTRブルーのデザインで艶消し仕上げのカッコイイデザインです。試打データを見ると、特別高初速ではありませんが、飛距離性能はまずまずの高さでした。

パラダイムドライバーの注目すべき特徴は打ち上げ角度の低さです。これが意味することは非常に大きく、様々な部分で顔を出します。キャロウェイのドライバーはこれまでも比較的打ち上げ角度は低めだったのでそこの変更点は無かったと言えるでしょう。

ただ、パラダイムドライバーの打ち上げ角度は他のシャフトにした時にもほとんど変わりませんので少しクセがあります。方向性はドローが多いですがフェードも出来ます。中間モデルとしては悪くない味付けでしょう。

パラダイムのスピン量は1600rpmと2350rpm付近にボリュームがあり、基本的には低スピンのドライバーだと思います。打ち出しの角度は結構強めに左になっていて、これも後で解説したい特徴だったりします。最高飛距離はキャリー311yでした。

パラダイムドライバー9°×ベンタスブラック6S

ヘッドスピード53.5m/s
ボールスピード76.7m/s
平均キャリー304y
平均トータル325y
平均サイドスピン132rpmドロー
平均バックスピン2440rpm
平均打ち出し角-0.0°
平均打ち上げ角15.4°
最大の高さ50y
落下角度45°
左右ブレ-9y

ローグST系にマッチしていたベンタスブラックをパラダイムドライバーでも試して見ました。結果としては0か100の弾道が出ますが慣れの範疇だと判断して高評価です。

極めてストレートな弾道で、少しのミスも許しませんが高い精度で打てる人ならバランスが良いです。パラダイムとベンタスブラックの組み合わせでは引っ掛けやすいのでその時は1300rpmでドロップします。

パラダイムドライバーは純正では大して初速が出なかったものの、ベンタスブラックとの組み合わせでは最高で77.2m/sを記録しています。最高飛距離はキャリー307yでした。

パラダイムドライバー9°×スピーダーNX6S

ヘッドスピード53.0m/s
ボールスピード76.1m/s
平均キャリー298y
平均トータル319y
平均サイドスピン455rpmドロー
平均バックスピン2459rpm
平均打ち出し角-1.7°
平均打ち上げ角15.1°
最大の高さ48y
落下角度45°
左右ブレ-40y

ストレートが打てると判断したので初代スピーダーNXで試打して見ました。飛距離は全く伸びずキャリー300yを切りましたがバックスピン量は安定しており、打点の安定感が良かったです。

パラダイムと初代スピーダーNXの最高キャリーは301yです。初速も77.3m/s出ているのでカスタムの反応はそんなに悪くないと思います。

弾道は純正よりは高いですがそれでも高弾道にはなっていません。パラダイムは低スピン気味で、確実に低弾道にはなるのかなと。

パラダイムドライバー9°×ツアーAD IZ6S

ヘッドスピード52.5m/s
ボールスピード75.1m/s
平均キャリー303y
平均トータル328y
平均サイドスピン62rpmストレート
平均バックスピン2115rpm
平均打ち出し角0.1°
平均打ち上げ角14.8°
最大の高さ43y
落下角度41°
左右ブレ5y

どうやらパラダイムドライバーにはストレート系で硬いシャフトが合うようなので四天王IZを組んでみました。結果は素晴らしく、正真正銘のストレート弾道です。ベンタスブラックよりも安定性が高くおススメの組み合わせです。

パラダイムはフェードも打てるのですが、シャフトとしてはIZやジアッタスV2などで狙えるのでは無いかと考えています。パラダイムとのカスタムではスピン量が最も少ないシャフトとなりましたが、実際スイートエリアにも入りやすくミスも出にくいです。

低スピンでは珍しくピーキーでない組み合わせです。IZをパラダイムドライバーの純正にするべきです。

パラダイムドライバーの許せない点

これだけの試打データが取れているのにこのガキは満足してないのかと思われそうですが、はいその通りです。

パラダイムドライバーの欠点はズバリこの形状です。ローグSTと唯一似て欲しくなかった部分を採用した悪手。このソール、当然引っかかります。アッパーでヒットするドライバーの場合、これだけの長いソールでしかも出っぱっていたらぶつかります。

パラダイムのようにヘッドの中心部分を軽くしているローグST MAX、SIM2、ステルス2は全てヘッド後方が相対的に重く垂れ下がります。自らアッパーが作れて、高めの打ち上げ角度が出せる人にはむしろ邪魔なデザインなわけです。

ここがボールにヒットする前に着陸するため打ち上げ角は2°ほど低くなり、初速は落ち、引っ掛けが発生するのです。

パラダイムドライバーが合う人

パラダイムは明確に合う合わないがマッチすると思います。というか打てるか打てないかくらい明白なので、打たずして予想が出来ます。合う人の条件は以下の通りです。

  • アッパーが3.5°以下
  • ストレートからアウトサイドイン5°まで
  • ボールが3/4以上出るティの高さ
  • フェードヒッター

私の場合全て当てはまっておらず、逆にこの4つのうち3つ当てはまる人はほとんど曲がらずに飛距離が出ました。打ち出し角度が右で、巻球でドロップさせてミスを回避するタイプは非常に打ちにくく感じるはずです。

パラダイムドライバーの良い点

  • 合うシャフトは少なくない
  • セッティングすればサイドスピンは少ない

パラダイムドライバーのイマイチな点

  • 初速が出ない
  • 慣れるまでの時間が長い
  • 0か100の弾道になりやすい
  • 捕まりはするけどドローが打てない

パラダイムはパラダイムシフトを起こしたか?

否。

客観的に考えて試打データはエピックフラッシュと同じくらいで、安定性はどういった安定性を定義するかによりますがドローやフェードではっきりと振り分けにくいので微妙なんです。

おそらくパラダイムドライバーの構造自体は数年前から開発が進んでいたとは思いますが、テーラーメイドの後追いのようになっていることは認めざるを得ないでしょう。ステルス2とは違いソールが長いのでお尻を擦る可能性はパラダイムの方が高いと言えそうです。

これ以上性能が向上することはルール上限があるので考えにくいし、期待なんてしていません。だったら、振りやすさとか誰もが引き出せる要素を追い求めても良いのでは無いでしょうか。ゴルフクラブはエピックフラッシュシリーズから飛距離性能は伸びていませんが、あの時代のようにスムースなデザインは影を潜め、足し算ばかりのおもちゃばかりが世に出されます。

最新のドライバーを打った後に自分が使うオノフKUROを打つたびに「ドライバーの形状は進化が必要なのか」考えさせられます。パラダイムもその流れにパラダイムシフトを起こすようなことはしていませんでした。

パラダイムドライバーのセッティング

パラダイムドライバーは打ち上げ角の低さ、スピンの低さから下半分に配置します。

基本的にストレート向きだと思うのでセンターライン上、M5の右上あたりでしょう。

合わせるシャフトはセンター付近、ジアッタス、IZ、スピーダーエボ4。ちなみに、UBなど極端に右に飛ぶシャフトは合わないのでおススメしません。

データチャート

安定性の評価が難しいことは間違いありませんが、パラダイムドライバーは深刻なミスショットが出るので評価は低いです。慣れるのに時間がかかるのもやさしさの評価を下げます。パラダイムは癖のあるドライバーだと思います。

総合評価

パラダイムドライバーは3世代続いたエピックシリーズを超えるほどのモデルではないと思います。味付けにおいても正直ローグSTに中途半端に似ていて、飛距離重視のシリーズとも言えない仕上がり。

試打して上手く当たると思ったら買いですが、現状エピックフラッシュ以降で気に入っているドライバーがあるならわざわざ買い替える必要はないと考えます。

おススメ度2 out of 5 stars (2 / 5)

ステルス2ドライバー試打評価|これが本当に“新製品”とか言うわけ?
テーラーメイドステルス2ドライバー試打評価です。カーボンフェースのドライバー第三弾として、前作ステルスの後継モデル、ステルス2が登場。デザインもテクノロジーもそっくりで何が進化したのかよくわかりませんが新製品らしいです。
ステルス2プラスドライバー試打評価|過去作からの焼き直しのかき集め
テーラーメイドステルス2プラスドライバー試打評価です。可変ウェイトを搭載するモデルです。前後重量バランスに優れ、振り心地が良いドライバーだと思います。純正やジアッタスなど癖の少ないシャフトとの組み合わせでの結果が良いのでそういった組み合わせの人にはおススメできます。
テーラーメイドバーナーミニドライバー試打評価|復刻デザインが超シブい!
テーラーメイドバーナーミニドライバーを試打評価します。2年ぶりに登場した復刻デザインのミニドライバーです。バーナーですがバブルシャフトではないのでご安心ください。バーナーミニドライバーは43.75インチのシャフトに300ccほどの小さいヘッドを装着しています。様々な使い道が考えられる万能なミニドライバーです。
パラダイムトリプルダイヤモンドS試打評価|激しすぎる性格は飛距離の糧!
パラダイムトリプルダイヤモンドSドライバーを試打評価します。今回は8.5°のヘッドを買って様々なシャフトと組んで打ってみました。420ccのヘッドで、ツアー支給品と同じTCシリアルになったなど細かい変更点が目立つ仕上がりです。
ギアノートの全てがこれで分かる
300yヒッターのギアノートはこれを作るためにあると言っても過言ではありません。ドライバーヘッド、シャフトを同じ指標で一気見することでより理解が深まるだけでなく、シャフト選び、ヘッド選び、セッティング考察全てにおいて私と同じレベルに到達することが可能です。私はこのコンテンツを生涯をかけて更新し続けます。
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
中古クラブを串刺し検索!
あらゆる中古クラブECを一気に検索できる「Turf Mate」。複数のECサイトで毎回異なる条件設定に苦労するのはもう終わりです。”Turf Mate”は中古クラブ選びの強い味方です。
カテゴリー
ドライバー試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました