クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
お得なセット販売

マーベリックマックスドライバー試打&評価|高弾道高スピンで安定した弾道を?

スポンサーリンク
ドライバー試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

マーベリックシリーズの最軽量モデル

キャロウェイが2月に発売するマーベリックシリーズには3種類のヘッドがラインナップされます。

 

この記事で紹介するのが、最軽量モデルであるマーベリックMAX

 

純正では40g台のシャフトに加え、ドローバイアスのウェイトポジション、シャローバック形状と、最近流行りのスタイルのオンパレードです。

 

こういった消費者に迎合したドライバーは好きではないのですが、比較対象として仕方なくレビューすることとします。

 

試打データ

ヘッドスピード53.5m/s
平均キャリー278y
平均トータル295y
平均サイドスピン180rpmストレート
平均バックスピン3257rpm
平均打ち出し角0.6°
平均打ち上げ角15.2°
最大の高さ52y
落下角度48°
左右ブレ-6y

高スピンですね。

 

予想通りではありました。ちなみに、マーベリックMAXは試打クラブが10.5°しかなかったので、このようになりました。

 

例え可変スリーブを-1°のポジションにしたところで300rpm程度しか減りませんので、高スピンであることに変わりはありません。

 

ただ、良い点もあります。

 

サイドスピンの少なさです。これは、このクラブのテーマでもあるところですが、良くできています。

 

ほとんど曲がり幅の無い棒球です。

 

打ち出し角も非常に穏やかで全て2°以内に収まっていました。

 

飛距離は残念ながらキャリーで280yを切ってしまいました。単純に私のヘッドスピードではアンダースペックすぎるとも言えますが、ゼクシオのように全ヘッドスピード域に対応できてしまうクラブもありますので残念です。

 

ビジュアルで見る弾道

一球だけ左に曲がっていますが、ほとんどの打球で棒球でした。

打ち出しもスピン量も高くかなりの高弾道と言えます。日本向け、海外からするとシニア向けということですが、まさにその特徴が表れていますね。

 

マーベリックMAXはどんなユーザーに合う?

今回のマーベリックシリーズはスピン量が少ないのが特徴だと私は考えています。

 

それに応じた形でやや強調されたチューニングなのではないでしょうか。

 

打ち出し角もバックスピンも多いので、吹いてしまいますが、マーベリックの左右の安定感が欲しい、球はしっかり上げたいという方にピッタリでしょう。

 

打感と打音

打感はマーベリックマーベリックMAXとで大きな差はないと思いましたが、音がこちらの方が気持ちが良かったです。

 

おとなしい乾いた音で、甲高いエピックフラッシュとは全く異なるものとなりました。

 

テーラーメイドM4の音になんとなく重なる部分があるように感じました。

 

各種重量

 

187gと超軽量でした。TS1と同じような重量ですね。

 

ヒール側についているウェイトは2g。

 

ソール後方についているウェイトは10gでした。

 

 

この辺をいじってみるとかなり面白いと思います。

デザイン

マーベリックMAXのヘッド形状は、丸っこくて長いですね。

 

前作ローグスターよりかは違和感が無いのは私がこういうのに慣れたからでしょうか。

 

マーベリックのディープなフェースに比べると薄いです。

 

マベリックMAXもディアマナの専用シャフト。40g台が標準です。前作ローグスピードスターに近い位置づけなのかもしれませんね。

 

ヘッドの形状はシャローバックです。

 

評価&データチャート

安定性は抜群です。

 

一方で、私のようなハードヒッター、アベレージヒッターでも満足のいくスペックでは無いと思います。

 

ただ、マーベリック全体のラインナップとしては必要なモデルなのでしょう。

 

総評

イマイチ。

 

いらない。

 

以上。

 

おススメ度

こっちを買いましょう。

マーベリックドライバー試打&評価|全球300y超えるマーベリックはハイバックと進化したフェースを採用
キャロウェイの最新ドライバー、マーベリックの試打&評価です。曲がりを抑えた新しいフラッシュフェースを採用したドライバー。サイドスピン、バックスピンともに低い値を示し、性能の高さはさすがキャロウェイ。誇大広告だったのはいただけませんが。
マーベリックサブゼロドライバー試打&評価|低弾道、低スピン、高飛距離のハードヒッター向け
マーベリックサブゼロドライバーの試打&評価です。ハードヒッターならかなりの飛距離を期待できる例スピンモデル。前作ローグサブゼロに比べるとデザインもすっきりしており、好印象。飛距離性能とスピンのバランスは評価できるドライバーです。
エピックフラッシュサブゼロシングルダイヤモンド試打&評価|ツアー支給品の実力を比較試打で検証
エピックフラッシュサブゼロシングルダイヤモンドの試打&評価です。ツアー支給品のバージョン2のヘッドです。ノーマルと比べて飛距離やスピン性能にどんな違いがあるのかを徹底比較します。ツアー支給品は果たして買いなのか、大きな違いはあるのかを検証します。
ミズノST200,ST200X試打&評価|良い意味でミズノらしくない高性能ドライバー
ミズノST200,ST200Xの試打&評価です。低スピンで捕まり弱めというミズノプロとは真逆のドライバーです。低スピンなのはフェースの反発が高いことと、カーボンクラウンにして自由度が高くなった重心設計が要因でしょう。ハードヒッター向けなドライバーです。
SIM MAXドライバー試打&評価|伝統のオートマ感とフェードバイアス
Mシリーズから一新 ここ数年のネーミングから言えばM8として登場が予想されていたテーラーメイドの新ドライバーはSIMと名付けられました。 M6の後継となるのがSIM MAXです。MAXが付くとどうしてもやわなイメージになるの...
テーラーメイドSIM試打&評価|魅力はゼロでも性能はまぁまぁなドライバー
テーラーメイドSIMドライバーの試打&評価です。2020年モデルのテーラーメイドの最新ドライバーを客観的なデータから検証します。フィーリングが残念ですが、飛距離は微量にアップ、フェードでもしっかり距離が出せるドライバーです。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
ドライバー試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました