クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング

マーベリックMAX FAST試打&評価|超軽量270gでヘッドスピードアップ!

スポンサーリンク
ドライバー試打
スポンサーリンク

また出た!マーベリック!

キャロウェイはドライバーを何種類も作ることはもはや恒例行事ですが、今回は軽量モデルです。

と言っても、マーベリックの前のモデルにあたるローグも後からローグスターという軽量モデルを発売していたので、マーベリックMAX FASTが発売されるのも順当な流れと言えそうです。

ということで今回はマーベリックMAX FASTをレビューしていきます。早速試打データから見ていきましょう。

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

試打データ

ヘッドスピード55.0m/s
ボールスピード77.3m/s
平均キャリー276y
平均トータル292y
平均サイドスピン12rpmドロー
平均バックスピン3640rpm
平均打ち出し角-1.3°
平均打ち上げ角17.5°
最大の高さ63y
落下角度52°
左右ブレ-8y

まず、平均ヘッドスピードが55m/sと、非常に高い数値になりました。この中でも、最大で55.9m/sというヘッドスピードが出ているので、軽量化の恩恵は大きそうです。

 

最大飛距離はキャリーで282y、トータル299yでした。

 

中々軽量ドライバーでスピンを中程度に抑えるのって難しい様で、これまでTS1以外は達成していません。

 

マーベリックMAX FASTも例にもれず高スピンでした。さらに、打ち上げ角もかなり高く、平均63yという高さに繋がっています。

 

ヘッドスピードが上がって、初速も高い数値にはなりますが、私のようなハードヒッターには合いません。ただ、セッティング次第ではもっと飛びそうなので可能性は感じました。

ビジュアルで見る弾道

さすがマーベリック!曲がりませんね。こればかりは驚きです。

確かに弾道は高いのですが、案外普通のあがり方。特に弾道が凹んでいるわけでもなさそう。

デザインから分かること

普通のマーベリックと違ってマーベリックMAX FASTはソールがカーボンになっていますね。これは、レディスと同じ仕様です。より重心を下げるためなのでしょう。

フラッシュフェースは同シリーズの他の物に比べて明るい配色。

フェースが明るい色だとコントラストがはっきりして構えた時にフェースの向きが分かりやすいです。

エピックフォージドドライバーみたいな雰囲気ありますよね。

純正は軽量40g台のディアマナ。

マーベリックMAX FASTの可能性

可変式じゃないのが本当にもったいないです。

 

曲がり幅が少なく、大して振っていないのに高いヘッドスピードが出るというのは、私にとっても魅力的なわけです。

本当ならロフト角がもう少し立っていて重心位置が前に来ると嬉しいです。

さらに、ウェイトが純正で7gヒール側にあります。キャロウェイは2gまで軽くできるので、軽量化してついでに捕まりも抑えることが可能。

カスタムシャフトを組んで多少重くなっても、トータル280gを下回るドライバーになるでしょう。

 

ディアマナZF40Xとか組んだら絶対面白い、、、

データチャート

フラッシュフェースの安定性は、あらゆる重心設計のクラブでも確からしい。

 

軽量ドライバーとしての飛距離性能は普通ですが、ヘッドスピードは上がるので、人によっては飛距離アップも期待できるかもしれません。

総評

このドライバーが売れるとは思えませんが、軽量モデルを出すことで他社を錯乱させる効果はあるかもしれないですね。

 

なんか全体的に惜しい、と言った印象でした。

 

おススメ度

やっぱこっちじゃない?

マーベリックドライバー試打&評価|全球300y超えるマーベリックはハイバックと進化したフェースを採用
キャロウェイの最新ドライバー、マーベリックの試打&評価です。曲がりを抑えた新しいフラッシュフェースを採用したドライバー。サイドスピン、バックスピンともに低い値を示し、性能の高さはさすがキャロウェイ。誇大広告だったのはいただけませんが。
マーベリックサブゼロドライバー試打&評価|低弾道、低スピン、高飛距離のハードヒッター向け
マーベリックサブゼロドライバーの試打&評価です。ハードヒッターならかなりの飛距離を期待できる例スピンモデル。前作ローグサブゼロに比べるとデザインもすっきりしており、好印象。飛距離性能とスピンのバランスは評価できるドライバーです。
エピックフラッシュサブゼロシングルダイヤモンド試打&評価|ツアー支給品の実力を比較試打で検証
エピックフラッシュサブゼロシングルダイヤモンドの試打&評価です。ツアー支給品のバージョン2のヘッドです。ノーマルと比べて飛距離やスピン性能にどんな違いがあるのかを徹底比較します。ツアー支給品は果たして買いなのか、大きな違いはあるのかを検証します。
エピックフラッシュ試打データ付き評価|平均キャリー300y超えのエピックフラッシュドライバー
エピックフラッシュの試打レビューです。エピックフラッシュは、これまでの飛距離系ドライバーよりもかなり安定性が高く、尚且つ再現性が高いドライバーだと思います。エピックフラッシュの最大の武器であるカップフェースはAI技術により34年かかる開発期間を短期間で仕上げたらしく未来を予感させるクラブでした。
エピックフラッシュサブゼロ試打&評価|最大飛距離331yの新作エピックを徹底レビュー
エピックフラッシュサブゼロの試打レビューです。最もハードヒッター向けのモデルであるサブゼロは、ヘッドを重くしてシャフトは軽いものを採用しています。それにより、高いヘッドスピードと慣性モーメントを実現し、最大飛距離331yを記録。セッティングも含めたレビューです。
エピックフラッシュ試打データ付き評価|前作より6y飛距離アップのエピックフラッシュスター
最新のエピック、エピックフラッシュを試打してきましたのでレビューします。このクラブは簡単に言うと、前作のエピックスターの上位互換で打感や捕まり具合は非常に似ています。ただ、シャフトの仕上がりや飛距離が改善されているのでかなり良いクラブであることは間違いありません。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
ドライバー試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました