テーラーメイドM6ドライバー試打&評価|M6はM4の安定感を継承し飛距離アップして登場!

スポンサーリンク
クラブの相談用LINEオープンチャット作りました!
気軽にクラブ相談できるようにLINEオープンチャットを作りました。テンプレートも用意していますので簡単な入力で質問いただけます。 プロフィールや個人情報は隠してご参加いただけます。
ドライバー試打
スポンサーリンク



YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

新作M6はオートマフェーダーなドライバー

前作M4の発売からわずか1年でモデルチェンジになってしまいました。テーラーメイドの開発スピードの早さは尋常ではありませんね(笑)

 

M6ドライバーはM4で初採用のツイストフェースを継承し、さらに反発力を最大限高めるスピードインジェクションを新たに採用。

 

安定性をそのままに、さらなる飛距離を求めて開発されたのが今回試打したM6です。

 

さっそくM6ドライバーをレビューしていきましょう

 

試打データ

ヘッドスピード50.9m/s
平均キャリー280y
平均トータル302y
平均サイドスピン434rpmドロー
平均バックスピン2666rpm
平均打ち出し角0.0
平均打ち上げ角11.5
左右ブレ24y

今回試打したのは純正Sシャフト、ロフト9.0°です。

M4よりも3yの飛距離アップです。最近のクラブでわずか1年での3yアップはかなり評価できます。

 

ここまでくると1y伸ばすのも難しいです。現にTSシリーズは917から飛距離アップはしていませんし、他のメーカーも似たようなものです。

 

このデータの中でも好印象なのが打ち出し角とスピン量です。このデータは3球打ったそのままを平均したもので、1球はてんぷら気味。ですので、それを除外すると平均バックスピンが2400rpm、サイドスピンは300rpmを切るでしょう。

 

非常に丁度よい数字です。何も考えずに打って勝手にフェードが出るので、球の集まりはかなり良いです。

 

左右のそれぞれの最大ブレの幅は20yで、これもてんぷら気味のを除けば幅は10yになります。慣れてきたらかなり安定するのではないでしょうか。

 

それではM6ドライバーのより細かいところをレビューしていきたいと思います。

 

低重心化

M6ドライバーはヘッドの下部後方に46gのタングステンウェイトを配置しています。バックスピンは前作M4よりも少し増えて2500rpm付近。

M4のバックスピンが少し少なかったので、このタングステンウェイトでうまくチューニングしています。

 

それでもM6ドライバーは前作比でバックスピンが増えただけであり、他の低重心クラブと比べればそこまで球のあがりは良くありません。

 

おそらく、ある程度振れる人を想定しての設計だと思います。



低い打ち出しでフェードをコントロール

先にも述べた通り、M6ドライバーは打ち出し角が秀逸です。

 

バックスピンを増やす構造を採用しつつ、低い打ち出し角にすることで吹き上がりを防止しているのでしょう。

 

構えた時に、M6ドライバーの方がややフックフェースになるのが打ち出し角の低い一因だと私は思いました。というのも、前作のM4ではどちらかというとフェースは開きがちで打ち出しが少し高かったからです。

それにより、キャリーは出ていましたが、トータルで伸び悩むのがネックでした。対してM6ドライバーは、そのあたりも改善されているのが地味なチューニング。

 

分かる人にだけ分かればよいのでしょう(笑)

 

M6ドライバーのシャフトとヘッド

シャフト

M6ドライバーもM4ドライバー同様純正シャフトはフブキです。色はM5と同じオレンジとグレーを基調としたもので、M4レディスに似ていると思いました。

デザインはこちらもかなりかっこ悪く、それだけで純正を選ばない人も出てくるのではないでしょうか。

 

フブキなのにこの色ですから、もみじみたいに見えてしまいます(笑)

 

性能はM4の時とあまり変わっていないように感じました。トルクもSフレックスで4.6、重さは54gで中調子。

 

特によくも悪くもありません。

 

ヘッド

M6ドライバーでもスピードインジェクションによる反発係数コントロールをしてあります。打感が少し柔らかくなりましたが、M5よりは硬いです。

ヘッド重量は192.8gで、前作M4よりも2gほど軽いです。カーボンを採用しているのはM6ドライバーもM4ドライバーも同じでもこれだけ軽量化しているのはすごいですね。

 

ヘッドが軽くなれば、力の弱い人でもヘッドスピードが速くなるのでユーザーの裾野が広がるのはテーラーメイドの戦略でしょう。

 

M6ドライバーのトータル重量は299g(S)ですので、やや重くなっているみたいです。振り心地はあまり変わりません。

 

データチャート

試打した率直な感想としては、安定性がこのクラブの最大の特徴だと思います。それゆえに難易度は比較的低いですが、ヘッドスピードはそれなりに必要かと思います。

 

シャフトの選択次第では、フェードを弱めることも出来ますのでここは伸びしろです。もちろん、ヘッドスピードがそこまで速くなければ純正で十分高性能です。

 

総評

M6ドライバーはM5ドライバーと比べて打感が硬いのと飛距離が出ません。まぁ、他のメーカーも同様の傾向がみられますので、特に違和感はありませんが。

 

ただ、それにしても安定感は抜群なので扱いやすいです。M6ドライバーは前作M4の良い所はそのままに、スピードインジェクションで飛距離を少しアップしています。

 

完成度では正直M6ドライバーのほうがM5ドライバーより高いですね。

 

ヘッドのデザインはなんとも思いませんが、シャフトはとってもダサいのでデザインの評価はかなり低いです(笑)

 

性能でなんとか…

おススメ度

SIM MAXドライバー試打&評価|伝統のオートマ感とフェードバイアス
Mシリーズから一新 ここ数年のネーミングから言えばM8として登場が予想されていたテーラーメイドの新ドライバーはSIMと名付けられました。 M6の後継となるのがSIM MAXです。MAXが付くとどうしてもやわなイメージになるの...
テーラーメイドSIM試打&評価|魅力はゼロでも性能はまぁまぁなドライバー
テーラーメイドSIMドライバーの試打&評価です。2020年モデルのテーラーメイドの最新ドライバーを客観的なデータから検証します。フィーリングが残念ですが、飛距離は微量にアップ、フェードでもしっかり距離が出せるドライバーです。
マーベリックドライバー試打&評価|全球300y超えるマーベリックはハイバックと進化したフェースを採用
キャロウェイの最新ドライバー、マーベリックの試打&評価です。曲がりを抑えた新しいフラッシュフェースを採用したドライバー。サイドスピン、バックスピンともに低い値を示し、性能の高さはさすがキャロウェイ。誇大広告だったのはいただけませんが。
マーベリックサブゼロドライバー試打&評価|低弾道、低スピン、高飛距離のハードヒッター向け
マーベリックサブゼロドライバーの試打&評価です。ハードヒッターならかなりの飛距離を期待できる例スピンモデル。前作ローグサブゼロに比べるとデザインもすっきりしており、好印象。飛距離性能とスピンのバランスは評価できるドライバーです。

M5は飛距離がすごい!

テーラーメイドM5&M5ツアードライバー試打データ付き評価|飛距離性能は評価するが…
テーラーメイドM5ドライバーの試打レビューです。かなりズタズタな試打レビューです。M5ドライバーはより高反発になって、飛距離性能を格段にアップ。しかし、それによってツイストフェースの効果が弱まってしまっているので評価は高くない。今回レビューしたのはM5ドライバーの純正と、M5ドライバー10.5°にジアッタス5Sを装着したカスタムです。

フェアウェイウッド&レスキューの記事もどうぞ!

M6フェアウェイウッド試打データ付き評価|ドライバー同様オートマフェーダー
テーラーメイドM6フェアウェイウッドの試打レビューです。今作からはウッドとハイブリッドにもツイストフェースが採用され、安定感は抜群。特にスピン量が素晴らしいこのM6は楽に強いフェードが打てるのが非常に魅力的。
M6レスキュー試打データ付き評価|シャフトによって変わる弾道|安定感はさすがです
M6レスキューの試打レビューです。ツイストフェースを初採用したMシリーズ唯一のハイブリッドがM6レスキュー。カーボンシャフトとスチールシャフトが選択可能で、シャフトによる方向性の違いはあれど安定感はまずまず。Mシリーズユーザー以外の方にもチェックして頂きたいです。
テーラーメイドP790アイアン試打&評価|打感の良さと飛距離スピンのバランスが絶妙
テーラーメイドP790アイアンの試打&評価です。二年ぶりにリニューアルしたP790は見た目がすっきりして、打感や性能面は維持。中空充填剤という構造ではあるものの、スピン量や方向性は中上級者向けな感じです。P790アイアンんは飛び系アイアンの中ではバランスの取れた仕上がりでさすがテーラーメイドといった印象。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
ドライバー試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

  1. […] テーラーメイドM6試打レビュー|安定感を継承し、飛距離アップ!テーラーメイドM6の試打レビューです。M6は適度なサイドスピンとバックスピンでかなり安定感のある弾道。デザインの […]

  2. […] テーラーメイドM6ドライバー試打レビュー|安定感を継承し、飛距離アップ! | 300yヒッターのギアノート より: 2019年3月2日 10:53 PM […]

  3. […] テーラーメイドM6ドライバー試打レビュー|安定感を継承し、飛距離アップ! | 300yヒッターのギアノート より: 2019年2月25日 12:20 PM […]

  4. […] […]

タイトルとURLをコピーしました