クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング

ブリヂストンツアーB JGR試打評価|ドローバイアスとネジで捕まえて飛ばす新JGRドライバー

スポンサーリンク
ドライバー試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

新JGRドライバーはネジ搭載

女子ツアーで松田鈴英プロが投入した週に360yドライブで話題になっていたドライバーです。

松田鈴英プロクラブセッティング|ダイキンオーキッド5位タイ入賞!
松田鈴英プロの2018年クラブセッティングです。2019年の初戦で5位タイに入った好調の21歳は捕まるセッティングをうまく組み合わせています。2019年のセッティングも勝手に予想しながら深読みしています。

注目のギミックは、SP-COR(サスペンションコア)と呼ばれるネジです。

 

フェースに向かって装着されたこのネジの先端にはポリマーを複合させ反発エリアを最大化しているそうですが、その原理は高校物理の偏差値68の私でもよく分かりません。

 

だからと言って何も言わないと他のレビュアーと同じになるので学力を活かして考えてみることにします。

 

イメージするのはボールと衝突した時のたわんだフェース面です。分かりやすく、半球を想像してください。

 

その半球の頂点が最大反発をしています。一番たわむところは多少たわみを抑えても飛びますから、頂点を押さえつけることで頂点が面のようになると思います。

 

それが拡大された反発エリアなのでしょう。

 

これの開発に6年かかっているらしいです。6年前に最適とされていたことが実現できたとして、海外の開発力のあるメーカーに対抗できるものなのでしょうか…

 

とりあえず、試打データから見ていきます。

 

試打データ

ヘッドスピード52.8m/s
平均キャリー264y
平均トータル280y
平均サイドスピン101rpmドロー
平均バックスピン3538rpm
平均打ち出し角-1.7
平均打ち上げ角16.7°
左右ブレ-13y

試打データを見ると、全然飛んでいないことが目立つと思います。

 

確かに、飛びませんでした。ただ、この手のドライバーを私が打つと大抵吹き上がってしまってスピン過多で伸び悩んでしまいます。

 

例えば、ファイズ、RMX220、Mグローレあたりです。所謂捕まってやさしいと宣伝されるドライバーたちです。

 

つまり、飛距離が伸び悩んだ原因はバックスピンの多さということになります。

 

一応、試打は9.5°で、センターヒットのみの平均データです。

 

少しオートマチックなドローバイアスのヘッドなのでセンターヒットすること自体は難しくありませんでしたが、吹きます(笑)

 

3球とも全て2.5°くらいのアッパーブローです。

 

前作のJGRのドライバーも打ちこなせなかったのですが、今作もそれは果たせませんでした。ただ、結構変更点がポジティブなので細かく解説していきます。

 

JGRが改善した点

一番大きな変更点はフェースの向きです。画像から分かるように、シャフトの延長線上にフェースがあるストレートな仕上がり。

 

試しに前作のJGRのドライバーと比較した画像を見てみましょうか。

 

左が2017年モデルのJGRです。シャフトから角度が付いています。2019年モデルの方が開いて見えるのはカメラアングルが悪いからです(笑)

 

さらに、ヘッドサイズも少し変更されていました。今作のJGRの方が少しだけ長くなりましたね。

 

ただ、比べないと気付かないくらいなのでRMX220のような違和感はありませんでした。

 

見た目

デザインはまぁ言及しないでおきます(笑)

ん?

 

これがネジですね。汚れがたまりそうだなぁなんて思ったり思っていなかったり。

 

JGRは捕まり重視のドライバーですのでウェイトの位置はヒール側のみです。重さは10gですが、捕まりを抑えたいなら軽いウェイトにすれば良いです。

 

グリップはバックラインなしでイメージカラーの黄色の挿し色です。

 

もはやこのJGRのフェースでも最近のドライバーの中ではディープに見えてしまいますね。

 

ビジュアルで見る弾道

明らかに打ち出しで弾道にへこみがあるのが分かりますね。

 

これが飛距離が伸び悩んだ原因です。ただ、何度も言いますが私に合っていないのでこうなってます。カスタムするかウェイト変更で打てるようになる可能性は感じました。

 

試打データを見ても分かりますが、そこまで左に飛んでいません。

 

サイドスピンもほとんど弱いドローですし、打ち出しも2°以下なのでドローバイアスは前作よりもかなり弱まった気がします。

 

試打しないと分からないこと

この記事を読んでいる方にも是非試打には行って頂きたいのですが、そこで個人差が出る部分が何点かあると思います。

打感

まず私が感じたのは、打感の良さでした。

 

今作のJGRはネジを埋め込んでいるので「もしかしたら打感が悪くなるのではないか」と思っていました。

 

しかし、そんな心配とは裏腹に気持ちの良い打感で感心しました。

 

方向性

次は、捕まり具合です。

 

正直これが最も意見が分かれると思います。2019年モデルのJGRは一般的にはかなり捕まるヘッド軌道を見せると思いますので、私のようにつかまりが抑えてあると感じる人は少ないかもしれません。

 

ただ、高さに関してはおそらくほとんどの人が高めになると感じました。

 

軌道を撮影するソフトで見ても、フェースが上を向くのが確認できましたし、振っていても感じます。

 

シャフト

純正のノーマルシャフト(TOUR AD for JGR TG2-5)は前作と変わっていないと思います。

 

AiR Speederの方も大きく変更はなかったと感じました。どちらのシャフトもトルク多めのグニャグニャシャフトですから、ヘッドスピード40を超えると扱いにくいと思います。

 

ですから、カスタムシャフトを積極的に考えてみてほしいと思います。

 

試打クラブは50g台のカスタムも通常在庫してますので、試打してみることをおススメします。

 

データチャート

飛距離は厳しめに5点の低評価となりました。

 

安定性はかなり評価していて、今作のトピックとも言えそうな安定感でした。サイドスピンの少なさもそうですし、打ち出し角が小さいのもその要因です。

 

スピン量は、賛否あると思いますがサイドスピンが少なかったことを評価しました。バックスピンは少なければ良いものではありませんので、打つ人のスイングレベル次第でしょう。

 

総評

総じて易しいドライバーだと思います。

 

日本人の7割がスライサーであり、そこに明確にターゲットを絞っているモデルです。

 

フックする人はまず合わないので試打する必要すらないと思います。

 

今作のJGRは前作ほどの捕まりはありませんが、それでもスライスは打てませんので世のスライサーの救世主になるかも?

 

おススメ度

 

ブリヂストンのフィッティングはこちら。

ブリヂストンゴルフガーデンTOKYO|フィッティングに行ってきました。
ブリヂストンゴルフガーデンTOKYOにドライバーのフィッティングに行ってきました!場所は東京駅丸の内北口から徒歩3分の好立地。完全個室でドライバーだけをみっちり60分間でフィッティングします。駅からの行き方や、フィッティングの流れなどを詳しく説明しています。

 

JGRハイブリッド試打&評価|素直な挙動の棒球製造機|可能性を感じる新生JGR
ツアーB JGRハイブリッドの試打&評価です。この重量帯にしては小さめのヘッドで少し捕まる仕様。純正シャフトは中々優秀でハードヒッターでもあまりばらつきはありません。バックスピンが多くてピンを狙っていけるアグレッシブなハイブリッドです。
ブリヂストンツアーB JGR HF3アイアン試打&評価|ストロング化と素材の見直しで飛距離アップ
ブリヂストンツアーB、JGR HF3アイアンの試打&評価です。ストロング化したロフトとポケットキャビティからさらに進化した構造、素材で飛距離アップをしました。打感も前作とはまるで別のクラブになっています。

 

ブリヂストンXD-3試打データ付き評価|ブリヂストンの新作ドライバー!
ブリヂストンツアーB XD-3の試打レビューです。300yヒッターの筆者が実際に打ったデータをもとにXD-3の性能をチェックします。最新のブリヂストンのドライバーの飛距離、スピン量、方向性全てが数字で分かります!!
ブリヂストンXD-3C試打データ付き評価|サファイアのような美しさとカーボンクラウン
ブリヂストンXD-3Cという珍しいドライバーを試打しました。460㏄でありながら見た目はかなり小ぶりでかっこいいです。現行のXD-3にもないカーボンの網目が透けて見えるデザインになっています。どんなシャフトでも強弾道が打てるヘッドなので難易度はかなり高いです。
ブリヂストンツアーB X-CBPを試打データ付き評価|度数を超えるスピン性能
ブリヂストンツアーB X-CBPアイアンの試打レビューです。ポケットキャビティで艶のあるメッキ加工が施されたアイアンで、ロフト角は31°。スピン性能と球の安定性はピカイチで、往年のツアーステージを思い出します。
ブリヂストンX-CB試打データ付き評価|スピン重視のキャビティアイアン
ブリヂストンツアーBシリーズX-CBアイアンの試打レビューです。32°のロフト角ながら非常に高いスピン性能を実現した玄人向けのキャビティアイアンです。打感と見た目も素晴らしい仕上がりでさすがブリヂストンだと思います。
ブリヂストン ツアーB X実戦テスト|デシャンボーが使用ブリヂストンのツアーボール
ブリヂストンツアーB Xの実戦テストをしました。世界シェア二番手のブリヂストンが販売しているウレタンカバーのツアーボールです。圧倒的な飛距離と風への強さ、低めのアプローチの出しやすさは圧V1シリーズなんて使っている場合ではない。
ブリヂストンツアーB XS実戦テスト|タイガー・ウッズ仕様のウレタンボール
ブリヂストンツアーB XSを実戦テストしてみました。飛んで止まるとはまさにこのボールのことでしょう。タイガーが使用する高性能3ピースウレタンボールです。最高飛距離は320yくらいで、カバーの耐久性に優れたアマチュアにもうれしい仕様。
ゼクシオ11/ゼクシオXドライバー試打&評価|二種類になったゼクシオを徹底試打比較
ゼクシオ11&ゼクシオXを比較試打しました。2020年モデルから2種類の展開になった新生ゼクシオはいったい何が進化したのか何を継承したのか解説しています。ゼクシオXはなぜ登場したのか深読みも含めた比較試打記事です。
スリクソンZX5ドライバー試打評価レビュー|松山選手絶賛のZX5ドライバーをHS53の人目線で評価
スリクソンZX5ドライバーの試打評価レビューです。松山選手が全米オープンでも使用していることが確認されているZX5ドライバーの魅力を松山選手とほぼ同じヘッドスピードの筆者が考察します。ZX5ドライバーはこれまでのZ500シリーズからどう進化したのか、なぜ松山選手に選ばれるかなどを深く考えていきます。
スリクソンZX7ドライバー試打評価&レビュー|まずまず良いのになぜ松山選手が選ばなかったのかを分析
スリクソンZX7ドライバーの試打評価レビューです。刷新されたデザインとテクノロジーで、飛距離アップを遂げたスリクソンのニュードライバー、ZX7。打ち出し角の高さとスピン量が特徴で、ZX5との差別化の仕方も面白いです。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
ドライバー試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました