クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング
お得なセット販売

ピンG425MAXドライバーの偽物と本物の見分け方|かなり精巧な偽物ドライバーを見分けよう

スポンサーリンク
ドライバー試打
スポンサーリンク

進化する偽物

偽物ドライバーは10年以上前から、ゼクシオなど人気モデルで作られてきました。最近では以前のような稚拙な出来ではなく、かなり精巧に作られています。

そんな偽物ドライバーの最新モデルを入手しましたので、その見分け方を紹介しようと思います。

試打比較はこちらの動画で行っていますので参考までに。

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

ピンG425MAXドライバーの偽物と本物の見分け方

重量

一番明らかな違いは重さだと思います。簡単に判定できます。

本物が約200gなのに対して、偽物は209gと非常に重いです。写真はありませんが、可変ウェイトで10gくらい違いが出ていました。しかも、偽物のウェイトは肉抜きされたようなデザインになっています。

当然総重量も違います。偽物は約320gになっていました。スペックは純正のSシャフトです。

振動数

振動数で判別できる人はそうそういないと思いますが、シャフトが別物であることは確認できました。

偽物が211cpmで、柔らかいです。

デザイン

右が偽物、左が本物です。トゥ側の斜線のところの色が違います。偽物は黒っぽいです。

ウェイトポートの線も同じパターンでした。

フェースも比較的見分けやすいポイントです。

右が偽物で左が本物です。偽物はツルっとした印象。

シャフトのフレックス表示は偽物が細くなっています。仕上げは偽物の光沢が少し少ないです。これは判別困難でしょう。

左が偽物、右が本物です。

まとめ

今回入手したピンG425MAXドライバーの偽物はかなり精巧に真似されていて、比較しないと判別は難しいです。

正規販売店での新品購入が一番安全ですから、ヤフオクやメルカリ等での購入は避けることをおススメします。もしそれでも購入する場合は、今回私がまとめたポイントを見て頂けると幸いです。

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
ドライバー試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました