必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

キャロウェイエピックスピードLD試打評価|ドラコン専用5°ロフトの超高初速ドライバー

ドライバー試打

キャロウェイのドラコンモデル

キャロウェイは、これまでもドラコン専用モデルであるLDのラインを展開してきました。2021年モデルでも、エピックスピードLDとして登場しました。ロフトは5°で、全てCT値を計測したTCシリアル物のツアー支給品。

今回は、リアルロフト4.5°のエピックスピードLDを試打計測してそのデータをもとに評価して行こうと思います。

「JUST GOLFクラブ診断」がリリース!
5つの質問に答えるだけで、自分に合うクラブを診断できる「JUST GOLFクラブ診断」をリリース!私が監修した本格的なクラブ診断です。ぜひお試しあれ。

デザイン

まずはエピックスピードLDのデザインから見ていきます。

パッと見て分かるのは、エピックスピードの特徴であるジェイルブレイクの4つのポツポツがないことです。

空力的に有利なのかわかりませんが、これはエピックフラッシュLDと同じということになります。

そして、エピックスピードらしいデザインはソール後方のフィンですね。これはエピックスピードと同じになっていて、ウェイトは5gが標準装備です。

エピックスピードLDのクラウンはチタンで、カーボンパーツは一切見当たりません。

本当はここがカーボンパーツなのですが、エピックスピードLDに関してはここもおそらくチタンです。

トゥ側から見てみると、エピックスピードLDとエピックスピードの違いが垣間見えます。エピックスピードLDはこのようにシャローバックになっています。お尻の上がったエピックスピードとは対極的ですね。

フェース形状はこのようになっています。ネック側が絞られたデザインになっており、トゥが重そう。これは後で見る試打データに影響していそうです。

表示ロフトは5°で、実ロフトは4.5°です。これは個体差がありますが、概ね4.5〜5°の間が多いようです。

試打データ

試打データはこんな感じになりました。最初の2球は様子見、そこからマン振りです。最大キャリーが310yでこれが3回出ています。比較的簡単にキャリー300yオーバーが出せます。

初速は最大で80.4m/sと優秀な数値です。

当たり前ですが、ロフト5°なので打ち上げ角度は13°と小さくなりましたが、バックスピン量は適量で、これが平均の底上げになっているかなと思います。

左に曲がっていますが、フィーリングとしては、右に飛びやすいヘッドだと思います。サイドスピンは少なめなので極端な曲がりはありません。もちろん、この手のドライバーには相当な慣れが必要というのは前提。

各種重量

ヘッド重量は191gでした。

これは、個体差があるので、もっと軽い個体も中にはあると思います。実際、私が持っていたエピックフラッシュLDは189gでした。

トータル重量は301gで、比較的軽めに仕上がっています。ドラコン仕様を組むときはグリップ重量は基本的に無視して、ヘッドとスリーブとシャフトの合計重量で判断するのがおススメ。これはグリップが50gなので251gということになります。

セッティングのポイント

方向性は、基本フェード系です。

あくまでドラコンセッティングとしてのアドバイスですが、シャフトの系統で言えばカウンターバランスがおすすめ。例えばテンセイCKプロオレンジやディアマナDリミテッドなど。カウンターバランスでもベンタスブルーのような捕まりにくいものは相性が悪いと思います。

今回の試打ではスピーダーエボリューションTSも使ってみましたが、あれくらいキレ良く捕まるシャフトはやはり相性がよかったです。弾道は、動画でみれます。

バックスピン量が比較的確保しやすいので、そこまでアンダースペックにしなくても良いかなと考えています。そう重量を軽くするために40g台や50g台にしたとしても、フレックスはSやXなどの硬めを選択すると最大飛距離を伸ばせると思います。

データチャート

飛距離としては素晴らしいとは思いますが再現性が高いとも思いませんし、誰でも打てるとも到底思えません。ですから、飛距離とスピン量以外の評価はかなり低くなりました。

ただエピックスピードLDのようなクラブが万人受けしないことくらいメーカーも分かっていますからここをネチネチ突くようなことはしません。

総合評価

前作エピックフラッシュLDで懸念材料だった捕まりすぎるという特性がエピックスピードLDになって正反対になったのはよかったと思います。

捕まえにいく方が飛距離は出しやすいのでエピックスピードLDの方がセッティングを煮詰めて行ったときに最大距離は優位に立つのではないかと考えています。

ただし、普段使いするにはかなりしんどいのでご注意ください。

おススメ度

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
ドライバー試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました