ドライバーのヘッドをマトリックス図で比較|弾道の高さと左右の方向性でドライバーヘッドを比較

スポンサーリンク
ドライバー試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

主要メーカーのドライバーヘッド

基準はタイトリストTS3で、高さのセンターラインが2200rpm、上限が3200rpm、下限が1500rpmです。上下でスケール感が違うので注意してください。

ドライバー試打
「ドライバー試打」の記事一覧です。

このヘッド特性を見たうえで、シャフトのマトリックス図と比較して自分に合う方向性をある程度目星付けてみてください。

 

もちろん、実際に組み合わせてみないと分からないことも多いですが試打する環境が無い方や古いシャフトなんかはこれで決めても良いと思います。

シャフトの方向性や弾道の高さをマトリックス図で見てみよう
それぞれのメーカーが独自に開発しているシャフトを網羅するようなマトリックス図を作成したので是非参考にしてください。メーカーをまたいだ関係性を把握することができるおそらく唯一のマトリックス図になっていると思います。

テーラーメイドMシリーズとSiM

自分が打ったことのあるヘッドだけなのですが、毎年更新していこうと思います。

YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
カテゴリー
ドライバー試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました