クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング

キャロウェイローグサブゼロ試打データ付き評価|超低いバックスピンで飛ばす

スポンサーリンク
ドライバー試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

ローグサブゼロはどんなクラブ?

ほとんどの方が勘違いされていますが、ローグはエピックの後継モデルではありません。

 

エピックはビッグバーサシリーズで、ローグはXRの後継です。XRの前はX-HOTなどのモデルもありました。

 

ただ、キャロウェイの営業の方に直接聞いた話ではエピックのジェイルブレイクテクノロジー(二本の柱のやつ)を採用しているので、空力重視のXRと反発重視のエピックの良いとこどりだそうです。

 

実際、ローグの方がフェースに描ける四角形が大きいのでよりスイートエリアが広く反発しやすくなっています。

 

ローグサブゼロの試打データ

ヘッドスピード48.7m/s
平均キャリー274y
平均トータル304y
平均サイドスピン333rpmドロー
平均バックスピン1932rpm
平均打ち出し角-1.4
平均打ち上げ角12.1
左右ブレ-30y

特徴はバックスピンの低さだと思います。

これはローグシリーズの最大のメリットであり、他のクラブとの一番の違いだと思います。このバックスピン量はTS3やホンマのTW747 455を上回ります。

 

この試打データを見て、左右ブレの大きさに疑問を持つ方もいらっしゃると思います。ですので補足すると、球の散らばりは左に12yから40yの幅28y。

 

全体として捕まっているのは否めません。サイドスピンも最小159rpm、最大431rpmで全てドローです。打ち出し角度が左に出やすいので結果としてやや大きく左に飛んだのでしょう。

 

この辺りはシャフトでどうにかできると思います。

 

ローグサブゼロの良いところ

試打データから、バックスピンの高さはすでに述べております。もう一つは打ち上げ角度の低さです。これはローグシリーズ全てに共通しています。

 

もちろん、ヘッドの重心の高さが影響しているのは言うまでもありません。ですがこのヘッド形状もかなり重要なのではないかと私は思います。

 

どうしてもローグのように長いヘッドはお尻をこすってしまいがちです。ですので、こすらないように振ると勝手に打ち上げ角が小さくなります。

 

ダメポイント

まず、ヘッドが大きすぎることです。

この手のクラブではトップクラスの投影面積で、私は嫌いです。ただ、日本のプロツアーを見ていると案外使用しているプロも多いので、プロ受けは良さそうです。

ヘッド重量は190gで、ローグと同じでした。

 

次に、シャフトです。

 

ありえないくらいグニャグニャのシャフトを装着しているのでハードヒッターはまずカスタムを検討して頂きたいです。キャロウェイ自体はいつもこんなクラブづくりなのでなんとなく印象が悪いです。(笑)

 

ローグシリーズは全てこのスピーダーが設定されており、ハイエンドであるローグサブゼロも同じシャフトです。ヘッドのスペックに対しては完全にミスマッチです。

 

データチャート

純正シャフトでは正直あまり安定感はありません。他メーカーのハイエンドモデルならもっと捕まらないセッティングになっていますが、このクラブは捕まります。

 

そういった意味ではドローヒッター向けのセッティングがしやすいかもしれません。

 

また、価格は純正では普通なのですが、おそらく純正で組む方は多くないと思いますのでカスタム前提でやや評価を下げました。

 

デザインさえ気に入ればバックスピンの少なさなどかなり魅力的な性能だと思います。

 

総評

ローグサブゼロはキャロウェイらしいドライバーだと思いました。半分皮肉です。

 

奇抜なデザインで、捕まるヘッド。おそらくアマチュアユーザーのボリュームゾーンを狙って設計しているものと考えられます。

 

というのも、キャロウェイはツアースペックを別で作っているので契約プロ用である必要がないからです。他のメーカーでは、同じヘッドを契約プロも使っていますので一般ユーザーからプロまでカバーするような設計です。

 

ただ、スペック自体はハードヒッターにも対応していますので試打する価値があるかもしれません。試しに、ツアーADのVR6Sで打ったらサイドスピンが少し減り球のばらつきも少なくなりました。

 

ですのであくまで「カスタムベースのヘッド」だということを忘れないでください。

 

おススメ度

キャロウェイローグ試打データ付き評価|打感と飛距離が魅力的
キャロウェイローグシリーズの一つであるローグドライバーの試打レビューです。他の二つのヘッドよりも柔らかい打感で、飛距離性能も高い。しかも、可変式スリーブがついていて微調整が可能です。ローグサブゼロとローグスターの良いとこどりをしたようなドライバーでした。
マーベリックドライバー試打&評価|全球300y超えるマーベリックはハイバックと進化したフェースを採用
キャロウェイの最新ドライバー、マーベリックの試打&評価です。曲がりを抑えた新しいフラッシュフェースを採用したドライバー。サイドスピン、バックスピンともに低い値を示し、性能の高さはさすがキャロウェイ。誇大広告だったのはいただけませんが。
マーベリックマックスドライバー試打&評価|高弾道高スピンで安定した弾道を?
マーベリックMAX試打&評価です。日本向けモデルな感じが否めない高スピン高打ち出しのドライバーです。左右の安定感は抜群ですが、バックスピンが多いので飛距離は伸びませんでした。可変になったのはポイントかも?
マーベリックサブゼロドライバー試打&評価|低弾道、低スピン、高飛距離のハードヒッター向け
マーベリックサブゼロドライバーの試打&評価です。ハードヒッターならかなりの飛距離を期待できる例スピンモデル。前作ローグサブゼロに比べるとデザインもすっきりしており、好印象。飛距離性能とスピンのバランスは評価できるドライバーです。
エピックフラッシュサブゼロシングルダイヤモンド試打&評価|ツアー支給品の実力を比較試打で検証
エピックフラッシュサブゼロシングルダイヤモンドの試打&評価です。ツアー支給品のバージョン2のヘッドです。ノーマルと比べて飛距離やスピン性能にどんな違いがあるのかを徹底比較します。ツアー支給品は果たして買いなのか、大きな違いはあるのかを検証します。
エピックフラッシュ試打データ付き評価|平均キャリー300y超えのエピックフラッシュドライバー
エピックフラッシュの試打レビューです。エピックフラッシュは、これまでの飛距離系ドライバーよりもかなり安定性が高く、尚且つ再現性が高いドライバーだと思います。エピックフラッシュの最大の武器であるカップフェースはAI技術により34年かかる開発期間を短期間で仕上げたらしく未来を予感させるクラブでした。
エピックフラッシュサブゼロ試打&評価|最大飛距離331yの新作エピックを徹底レビュー
エピックフラッシュサブゼロの試打レビューです。最もハードヒッター向けのモデルであるサブゼロは、ヘッドを重くしてシャフトは軽いものを採用しています。それにより、高いヘッドスピードと慣性モーメントを実現し、最大飛距離331yを記録。セッティングも含めたレビューです。
エピックフラッシュ試打データ付き評価|前作より6y飛距離アップのエピックフラッシュスター
最新のエピック、エピックフラッシュを試打してきましたのでレビューします。このクラブは簡単に言うと、前作のエピックスターの上位互換で打感や捕まり具合は非常に似ています。ただ、シャフトの仕上がりや飛距離が改善されているのでかなり良いクラブであることは間違いありません。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
ドライバー試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました