クラブデータを読めるようになるにはこちら
飛距離アップメニュー
300yドライバーの作り方
“自分の頭で考えられるようになる”トータルクラブセッティング

ブリヂストンXD-3試打データ付き評価|ブリヂストンの新作ドライバー!

スポンサーリンク
ドライバー試打
スポンサーリンク
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。

ブリヂストンXD-3レビュー|ツアーBシリーズとして登場

ブリヂストンから出た新作、XD-3ドライバーを試打してきましたのでレビューして行きます。

既に何度か打ったことがあるクラブなのですが、改めて計測。

 

前作は3タイプのヘッドだったところを、1つに統一。カーボンクラウンに金属弦を仕込んだ今までのブリヂストンのドライバーにはない要素ばかり。

 

460㏄になったヘッドは194gで、トータル重量307g(S)。

 

では早速データからレビューしていきましょう。

 

試打データ

ヘッドスピード52.1m/s
平均キャリー273y
平均トータル294y
平均サイドスピン108rpmドロー
平均バックスピン2534rpm
平均打ち出し角-1.6
平均打ち上げ角15.8
左右ブレ-15y

最大飛距離は297yで、最低飛距離が290yと安定した数字でした。以前カスタムで打った時は最大飛距離315yだったので、飛距離は十分かと思います。

 

バックスピンも安定して低めの数字が出ます。しかも、サイドスピンも500どころか300すら超えなませんでした。

 

もちろん、私がブリヂストンのドライバーを長く使っているので、タイミングやヘッドの感覚に慣れているというのも考えられます。

 

それでも、純正でこの安定感なのは好印象です。

 

XD-3のヘッド

今回のモデルチェンジのトピックは、やはりヘッドにあると思います。冒頭で述べたように、これまで使わなかった技術をモリモリに詰め込んでますし、デザインもかなり近代的になりました。

 

打感は今までのブリヂストンと遜色なく、安定感も素晴らしい。色やデザインは好みが分かれそうなところですね。

 

私は古典的な小さいヘッドが好きですが、最近はどのクラブも大きなヘッドなので、慣れてきました。

 

これは、なにも私だけの話ではなく、ユーザー全体に言えると思います。

 

つまり、これまでのブリヂストンユーザーは、洋梨型の小ぶりなヘッドを好き好んで使っていたのに、時代とともにヘッド巨大化の波に流されているのです。

 

なんだかブリヂストンの新時代の幕開けみたいですね(笑)

 

XD-3のシャフト

ツアーBの上位モデルであるXD-3は前作同様、純正はグラファイトデザイン社製。デザインも最新のVRに似ていますね。

ちなみに、ヘッドが194gで、シャフトは57g。トルクはSで4.9、SRで5.0と高め。

 

同時期発売のスリクソンZ785の純正とほとんど同じです。

 

しかし、試打した感触はこちらの方がしっかりしています。このあたりは実際に試打してみないと分からないですね。適度にしなるため打感に貢献していると思います。

 

テンセイCKプロオレンジの記事もあります。

テンセイCKプロオレンジ試打データ付き評価|パワードローで叩いて飛ばす|TENSEI CK PRO ORANGE
テンセイCKプロオレンジ(TENSEI CK PRO ORANGE)試打レビューです。タイガーやマキロイも使用したテンセイオレンジはハードながら高い飛距離性能を実現しています。思ったほど左のミスは消えませんが、それでも重量を適正化することで理想の弾道を手にできるでしょう。

 

XD-3の強み

扱いやすさでしょう。

 

低スピンで球のふけ上りは皆無。しかもしなり感の気持ち良いシャフトで重量も特別重いわけではない。

 

絶妙なバランスで癖のない扱いやすいクラブになっています。構えた時も、完全にストレートで静止しますし、長さが45.25インチなのでイメージしやすい。

 

とにかく、バランスが良いのがこのクラブの扱いやすさに繋がっているのでしょう。

 

XD-3のダメなところ

私はこのデザインが好きにはなれません。(笑)

金属弦が縦に入っているのがダメですねぇ。

もちろんこの向きは、弦がボールが当たったときにたわんで、そのたわみで飛ばすというメッセージが感じられるんですが、単純にかっこ悪いです。

 

それでも、大きさや形は特に気になりませんでした。

 

データチャート

価格は性能を考えたらそんなに高くはないと思います。一年半後のマークダウンを狙うのもアリです!(笑)

 

飛距離、安定性、スピン量はかなり高評価。難易度は「扱いやすい」と感じるものの、誰でも打てるクラブという感じではありません。

 

総評

今回試打レビューしたXD-3、総じて良いクラブだと思います。完全にスリクソンZ785の対抗馬ですが、デザイン以外は圧勝。

 

飛距離性能も高く、高さ方向でのミスが少ないのでプレーの幅が広がると思います。JGRのボールなら300yは確実に出せそうです。

ブリヂストンツアーB JGRボール|飛ぶだけでなく、方向性も抜群のボール
ブリヂストンゴルフのディスタンス系ツアーB,JGRのボールを実際にコースで使用したレビュー記事です。実測飛距離315yの飛びだけではないJGRの性能を検証。打感、飛距離、スピン量、方向性などの全性能を丸裸に!

 

デザインは私の好みとはかけ離れているものの、こればかりは個人差があるので実際に確かめてみて欲しいと思います。

おススメ度

ブリヂストンツアーB JGR試打評価|ドローバイアスとネジで捕まえて飛ばす新JGRドライバー
2019年にモデルチェンジしたニューJGRドライバーの試打&評価です。捕まりをやや抑えた仕様で、ストレートフェースになったのが評価したいポイント。反発エリアを広げるためのネジを埋め込んでいますが、打感はよくなかなか良いドライバーだと思います。
ブリヂストンツアーB|XD-F試打データ付き評価|これぞ完璧なフェアウェイウッド
ブリヂストンXD-Fの試打レビューです。ブリヂストン伝統のフェアウェイウッドは打感も音も性能も妥協なし!万人受けはしないが、ファンにはたまらないかっこよさがあります。飛距離も申し分なくドライバー要らずかも!?
ブリヂストンツアーB|XD-H試打データ付き評価|小ぶりなヘッドのハイブリッド
ブリヂストンツアーBシリーズ、XD-Hの試打レビューです。玄人好みな小ぶりなヘッドとスチールシャフトのみの設定はさすがと言わざるを得ません。全然易しくないですし、飛距離もそんなに出ませんが、打ち出しをコントロールしたい方は良いかも。
ブリヂストンX-CB試打データ付き評価|スピン重視のキャビティアイアン
ブリヂストンツアーBシリーズX-CBアイアンの試打レビューです。32°のロフト角ながら非常に高いスピン性能を実現した玄人向けのキャビティアイアンです。打感と見た目も素晴らしい仕上がりでさすがブリヂストンだと思います。
ミズノST200,ST200X試打&評価|良い意味でミズノらしくない高性能ドライバー
ミズノST200,ST200Xの試打&評価です。低スピンで捕まり弱めというミズノプロとは真逆のドライバーです。低スピンなのはフェースの反発が高いことと、カーボンクラウンにして自由度が高くなった重心設計が要因でしょう。ハードヒッター向けなドライバーです。
マーベリックサブゼロドライバー試打&評価|低弾道、低スピン、高飛距離のハードヒッター向け
マーベリックサブゼロドライバーの試打&評価です。ハードヒッターならかなりの飛距離を期待できる例スピンモデル。前作ローグサブゼロに比べるとデザインもすっきりしており、好印象。飛距離性能とスピンのバランスは評価できるドライバーです。
マーベリックドライバー試打&評価|全球300y超えるマーベリックはハイバックと進化したフェースを採用
キャロウェイの最新ドライバー、マーベリックの試打&評価です。曲がりを抑えた新しいフラッシュフェースを採用したドライバー。サイドスピン、バックスピンともに低い値を示し、性能の高さはさすがキャロウェイ。誇大広告だったのはいただけませんが。
YouTube始めました!!
「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。
カテゴリー
ドライバー試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
スポンサーリンク
300yヒッターのギアノート

コメント

  1. […] この重量帯だとタイトリストTS3、ブリヂストンXD-3、キャロウェイエピックフラッシュサブゼロ、、ローグサブゼロ、ホンマTW747-455があります。 […]

  2. […] ブリヂストンXD-3試打レビュー!ブリヂストンの新作ドライバー!ブリヂストンツアーB XD-3の試打レビューです。300yヒッターの筆者が実際に打ったデータをもとにXD-3の性能をチェック […]

タイトルとURLをコピーしました