必ず300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

ブリヂストンB2ドライバー試打評価|JGRの後継で何が変わったのか?

ドライバー試打

JGRの後継モデル

ブリヂストンは2021年、B1とB2ドライバーをリリースしました。これは、ツアーB Xの後継であるB1とJGRシリーズの流れを汲むB2というブリヂストンのメインの2つのラインを同時に発売したことになります。

これによって、テーラーメイドのように、一気に全モデルを宣伝できるため、広告費を効率的に活用できることが期待されます。B2は前作のJGRの発売から2年なので、いつも通り。今後はB1とB2を2年おきに更新していくものと思われます。

「JUST GOLFクラブ診断」がリリース!
5つの質問に答えるだけで、自分に合うクラブを診断できる「JUST GOLFクラブ診断」をリリース!私が監修した本格的なクラブ診断です。ぜひお試しあれ。

B2ドライバーのデザイン

基本的なデザインはB1と共通しています。

可変のウェイトはなく、その代わりにソール後方ヒール側にウェイトが入っています。

ちなみに、このネジはスリーブのネジとは違うので外せませんでした。

クラウンはカーボンで艶消しになっています。

シャローバックではないですね。重心高めでスピンが入りそうな形状です。また、上から見た形からは慣性モーメントを意識したモデルであることも伺えます。

B2ドライバーはかなりヒール側に膨らんだクラウンをしています。少しフックフェースなのはJGRとしては珍しくありません。前作がスクエアだったので、予想通り2021年モデルのB2ドライバーはフックフェースでした。

試打データ

ヘッドスピード55.4m/s
ボールスピード76.6m/s
平均キャリー276y
平均トータル292y
平均サイドスピン624rpmドロー
平均バックスピン3464rpm
平均打ち出し角-3.8°
平均打ち上げ角17.8°
最大の高さ62y
落下角度51°
左右ブレ-50y

やはり捕まります。これだけのドロー回転がかかっていて、バックスピン量が多いことからも、対象ヘッドスピードが低いことがわかります。最高飛距離はキャリーで291yなので飛距離性能はまずまず。

ヘッドスピードがやたら速くなりましたが、初速は76.6m/sなので反発係数が高いわけではなさそう。

打ち出し角から左で、いかにもスライサー向けな感じ。

また、弾道はかなり高く、前作を上回ります。サイドスピンの量が増えているのは、フックフェースの影響もあると思われます。

完全スライサー向け

私のようなフッカーには向かないドライバーです。

ただ、いつも思うのは、この手のドライバーで高スピンが必要なのかということです。私の経験上、スライサーはスピンが多いです。それなのに、スライサー向けドライバーはこれまで多くが高スピンのモデルでした。

おそらく、重量配分で方向性を重視するとスピンが増えるのでしょうが、必要ないと思います。最近はホンマGSドライバーや、キャロウェイビッグバーサB21など低スピンのドローバイアスのモデルが出ているので、ブリヂストンも考え直す必要があると提言したいところです。

他社製品と比較

チャートで言えば、JGRの左上あたりです。シニア向けモデルのエリアです。

B2ドライバーはフックフェースなので組み合わせは難しいですが、低スピンになることが大事です。そうなると、DIとかTRあたりが狙い目。シンプルにドローのまま低くするならIZがオススメです。

データチャート

何も考えなくても捕まるというのが正しい表現ですね。初めて使うドライバーには良いと思いますが、スライサーだからと言って安易にここまで味付けの濃いドライバーを選ぶのは賢明とは思えません。

総合評価

需要はあると思いますが、魅力はないです。

飛距離性能がもう少し高ければもっと面白いですし、低スピンだったら飛距離が伸びる人も多いでしょう。なんというか、これまでのファンに気を使いすぎて冒険していない感が否めません。

おススメ度

 

300yヒッターのギアノートインスタアカウント開設
300yヒッターのギアノートのインスタグラムアカウントを開設しました。300yヒッターのギアノートの内容を短い時間で簡単にサクサク見れるコンテンツを配信しています!
カテゴリー
ドライバー試打
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました