スポンサーリンク
300y飛ばせる飛距離アップメニュー
私が今でも飛距離アップを続けている秘密を公開します。シンプルで続けやすい方法論で確実に飛距離アップへ導きます。

パラダイムAiスモークMAXドライバー試打評価|改悪にも程がある

ドライバー試打
スポンサーリンク

まさかのパラダイム

キャロウェイは2種類のモデルを隔年で交互に発売することで毎年新作を発表していました。しかし2024年モデルは2023年に登場したパラダイムの名を踏襲し、パラダイムAiスモークというネーミングで登場。

今回の記事では中間モデルにあたるパラダイムAiスモークMAXを試打評価していきます。

実績多数のコアドリル
多くの実績報告を頂いている確実に基礎を身につけるための練習メニューです。私が実際に行ってきたドリルを、その効果と具体的にやるべき回数も明記しています。

パラダイムAiスモークMAXドライバーのデザイン

ソールはこんな感じです。前作では艶感のあるブルーでしたが、Aiスモークはマットな仕上げになりました。色はグレーと青の差し色です。

そして、前作ではメインのラインをパラダイム、パラダイムX、パラダイム♦︎♦︎♦︎の3モデルだったのが、AiスモークMAX、AiスモークMAX D、Aiスモーク♦︎♦︎♦︎の3モデルに。

そしてMAXモデルはソール前方のフェース側にウェイトが配置されました。このウェイトと後方のスライディングウェイトの組み合わせは前作で言うパラダイムツアー(ツアー支給モデル)に似ています。

そしてパラダイムAiスモークシリーズのトピックであるAiスマートフェースです。コンセプトとしてはどこに当たっても着弾範囲を狭くするということ。確かにコンセプト的にはローグやマーベリックなどの方向性重視モデルではあるようです。

クラウンはカーボン。カラーはこちらも少しグレーっぽい感じでした。パラダイムで採用された360°カーボンシャーシも採用しています。

面構えはこんな感じです。開きます。これ10.5°のノーマルポジションなんです。9°だともっと開くかも知れません。前作のパラダイムは割と捕まったし、パラダイムAiスモークMAXは捕まりを抑えてあるんだろうなと予想をしていましたがフェースがここまで開くのは予想外。

前作で私が酷評した形状は改善され、ソールはスムーズです。ウェイトは、よく見ると斜めにカットされているのでこちらも抵抗を減らしています。まぁ形が良くても重心位置が悪ければ擦りますから。

試打データ

パラダイムAiスモークMAX 10.5°(-1°)×純正テンセイ(S)

ヘッドスピード53.0m/s
ボールスピード76.4m/s
平均キャリー299y
平均トータル321y
平均サイドスピン538rpmドロー
平均バックスピン2401rpm
平均打ち出し角-3.2°
平均打ち上げ角16.4°
最大の高さ51y
落下角度45°
左右ブレ-55y

一応平均キャリー300y近い数値にはなりましたが、実際はかなり飛ばしにくいドライバーだというのが第一印象です。打ち始めはとにかく捕まりにくさと、お尻の重さが気になりました。

見ての通り、安定性はなかなか良いです。弾道が低い方は両方ともキャリー305yほど。ただスピン量はギリギリという感じで2000rpm付近を推移します。

スピン量は高かったり低かったり安定しません。確かに安定感が出ている風ですが、感覚的には全然そんなことないです。実際、方向は安定していると言っても曲がり幅50yくらいなので普通にOBします。

パラダイムAiスモークMAX 10.5°(-1°)×テンセイプロブルー1K60S

ヘッドスピード52.9m/s
ボールスピード76.1m/s
平均キャリー303y
平均トータル325y
平均サイドスピン502rpmドロー
平均バックスピン2225rpm
平均打ち出し角-2.5°
平均打ち上げ角16.7°
最大の高さ51y
落下角度45°
左右ブレ-51y

パラダイムAiスモークMAXドライバーでは、かなりの種類のシャフトを試して、暫定で最も良かったのがテンセイプロブルー1Kです。平均キャリーは純正シャフト越えの303yです。最高キャリーは307yでした。この時のバックスピン量は平均値通りの2228rpmでした。

テンセイの青系は中スピンのストレート〜フェードですからそれが見事にマッチしました。サイドスピンは全球ドロー、バックスピンも平均通り安定しています。初速は最高で76.7m/sなのでこちらも悪くないでしょう。

打ち上げの角度はやや大きめですが、スピン量が抑えられているので高弾道の強弾道を実現しています。

パラダイムAiスモークMAX 10.5°(-1°)×ベンタスブラック6S

ヘッドスピード54.3m/s
ボールスピード77.4m/s
平均キャリー299y
平均トータル319y
平均サイドスピン450rpmドロー
平均バックスピン2568rpm
平均打ち出し角-3.8°
平均打ち上げ角16.8°
最大の高さ55y
落下角度48°
左右ブレ-51y

ローグSTやマーベリックなどの方向性重視モデルで相性が抜群に良かったベンタスブラックをパラダイムAiスモークMAXに組んでみました。

ベンタスブラックはテンセイの青系よりは少し捕まるという評価です。パラダイムAiスモークMAXドライバーに組むと強いドローになりました。最高キャリーは306yでこの時のスピン量は2000rpmほどです。

1球目から割と良い当たりでしたが、平均で300yを超えるほどではありません。

パラダイムAiスモークMAX 10.5°(-1°)×スピーダーNXグリーン6S

ヘッドスピード52.8m/s
ボールスピード75.9m/s
平均キャリー298y
平均トータル319y
平均サイドスピン429rpmドロー
平均バックスピン2416rpm
平均打ち出し角-2.2°
平均打ち上げ角17.0°
最大の高さ54y
落下角度47°
左右ブレ-42y

捕まりが弱くてややダルいシャフトが合うと思ったのでスピーダーNXグリーンで試打してみました。こちらは最高キャリー299yと伸び悩みます。やはりスピン量は最低レベルになって、捕まりが弱い方が飛ぶのではないかと予想できます。

バックスピン量が2500rpmくらいで集まりましたが、ミスショットの際は3000rpmを余裕で超えていくのでちょっと楽しくないです。

弾道は高いです。初速はそこそこ出るので相性としては悪くないと思いますからNXグリーンが好きな人は試してみてください。

パラダイムAiスモークMAXドライバーの良い点

  • 飛ぶ時がある

イマイチな点

  • お尻が重くて擦る
  • ローテーションが起こりにくい(くらい重心が後ろすぎる)
  • 左打ち出ししか出来ない
  • フィーリングが悪い
  • ヒールに当たりやすい上に、飛ばずスライスする
  • スピンが高くなりやすい
  • 捕まるシャフトとの相性が非常に悪い
  • デザインがダサい
  • 引っ掛ける

ウェイト重量

パラダイムAiスモークMAXドライバーは2つのウェイトを搭載しています。ソール上のスクリューウェイトは2gでした。

これはもう少し重いものを入れても良いでしょう。スピンが減る+お尻の重さの相対的な軽減につながります。さらに、パラダイムAiスモークMAXのスライディングウェイトは12gでした。

カタログ表記は14gで、これはレール側にあるネジの受けパーツの2gを加えたものになります。これも別の重量が選べるなら軽くしたいところ。まぁまずは出来るところからですので、前方のウェイトを増やすことから始めましょう。

パラダイムAiスモークMAXドライバーのセッティング

今回のパラダイムAiスモークMAXでの試打データを見ると「左打ち出しが強い」のと「ドローが500rpmくらいかかる」「バックスピンは2500rpm前後」ということがわかります。

ただ捕まりに関しては微妙で、私は捕まりが弱いと判断しています。つまり、あれだけ引っ掛ける弾道であるにもかかわらず、マトリックスチャートでは右側になります。上のチャートではTR20 460の右あたり。

合わせるシャフトですが、セオリー的には捕まるシャフトを組むべきだと思います。しかし実際にツアーAD VFなどの左側のシャフトで試打しましたが全く当たらずお尻がダフります。なので今回のようにベンタスブラックやスピーダーNXグリーンなどのニュートラル系、テンセイ青系などのフェードモデルで思い切り捕まえるのが良いです。それでも結果としてはキャリー300y程度しか飛びませんので私はおすすめしません。

フェースは進化した?

パラダイムAiスモークMAXのAiスマートフェースは、エピックフラッシュで初めて採用したAIが作ったフェースです。Aiスモークのフェースは全世界のキャロウェイのフィッティングデータを集めて最適化されているようです。

私はそんな下手な人のデータを集めて良いクラブが出来るとは思えないのですが、実際出来上がったAiスモークMAXは飛ばないし打点傾向も変です。具体的にはトゥヒットさせた時の引っ掛けです。もちろんセンターヒットさせるべきだと考えていますが、私は新製品の試打で必ず自分が出来る全打点で試打をします。

パラダイムAiスモークMAXドライバーはヒールでは捕まった感触があってもスライスしますし、トゥでは以上にフックします。そこまで打点ミスを修正してくれるということはありません。

グリップ

パラダイムAiスモークシリーズで新採用のグリップ。ラムキンの45gのハーフコードです。

これが細いんですよ。ゴルフプライドの45gと比べても細く感じます。このグリップはテーラーメイドステルスグローレで純正採用したCALIBRATEのハーフコードバージョンです。なのでバックラインが強調されています。

データチャート

評価が高いのは相性が良い時のスピン量くらいです。安定性は皆無で、引っ掛けもダフりもスライスも全部出ます。もしミスが一種類なのであればシャフトで修正出来ますが、バラバラなのでセッティングでどうにかするのは厳しいです。期待している人も大勢いるでしょうけど、残念な仕上がりとしか言えません。

総合評価

今回パラダイムAiスモークMAXドライバーの試打は3日に分けて100球近く打ちました。しかし良い結果は得られず、パラダイムからの進化を感じることもありませんでした。

やはりキャロウェイの曲がらない系ドライバーは魅力が伝わりにくいです。そして、形状が良くなって喜んだのも束の間、結局お尻の重さは悪影響を及ぼすレベル。今年最初の試打はここ数年でもかなり低い評価でのスタートとなりました。

おススメ度0.5 out of 5 stars (0.5 / 5)

Qi10ドライバー試打評価|デザイン以外で選ぶ理由無し
テーラーメイドQi10ドライバーを試打評価します。カーボンフェースとしての3世代目となるモデルで、クラウンのデザインに大きな変更点があります。これまでのフレームの色分けがなくなり、代わりにFWで採用されていたフェースペイントが施されています。性能面は特に褒めるほどではないので見た目で選ぶクラブです。

 

 

ギアノートの全てがこれで分かる
300yヒッターのギアノートはこれを作るためにあると言っても過言ではありません。ドライバーヘッド、シャフトを同じ指標で一気見することでより理解が深まるだけでなく、シャフト選び、ヘッド選び、セッティング考察全てにおいて私と同じレベルに到達することが可能です。私はこのコンテンツを生涯をかけて更新し続けます。
300yキャリーする短尺ドライバーの作り方
”誰でも簡単に”短尺ドライバーが作れることをコンセプトに、作成しました!2年間にわたる短尺の研究の成果から、圧倒的な安定感と飛距離性能の両立を実現できる短尺ドライバーのレシピを解説します。
中古クラブを串刺し検索!
あらゆる中古クラブECを一気に検索できる「Turf Mate」。複数のECサイトで毎回異なる条件設定に苦労するのはもう終わりです。”Turf Mate”は中古クラブ選びの強い味方です。
カテゴリー
ドライバー試打
スポンサーリンク
リキをフォローする
300yヒッターのギアノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました